『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』完全解説 ─ 読んでから観ればもっと楽しい!

シリーズ累計3,000億円以上の全世界興行収入を誇るトム・クルーズ主演の人気シリーズ最新作『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』が、2018年8月3日(金)より、いよいよ日本公開となった。

この記事では、THE RIVERが出演者陣に行ったインタビューや記者会見で語られた内容、および公式資料から、『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』の見どころや裏話を徹底解説する。これを読んでから鑑賞すれば、『フォールアウト』が100倍楽しくなるはずだ。

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』あらすじ


IMFのエージェント“イーサン・ハント”と彼のチームは、盗まれた3つのプルトニウムの回収を目前にしていた。だが、突如現れた何者かの策略で仲間の命が危険にさらされ、その最中にプルトニウムを奪われてしまう。イーサンとIMFチームは、プルトニウムを再び奪い返し、複数の都市の“同時核爆発を未然に防ぐ新たなミッション”を受ける。この事件の裏側には、シンジケートの生き残り勢力が結成したアポストル(神の使徒)が関連しており、手がかりは“ジョン・ラーク”という正体不明の男の名前と彼が接触する“ホワイト・ウィドウ”と呼ばれる謎めいた女の存在のみ。だが今回のミッションに対しイーサンの動きを不服とするCIAは、敏腕エージェントのウォーカーを監視役に同行させることを条件とした。

イーサンはホワイト・ウィドウの信頼を得るため、やむなく収監中の敵“ソロモン・レーン”の脱走に手を貸すが、その影響で味方の女スパイ“イルサ”と対立してしまう。一方、同行するウォーカーはイーサンへの疑惑を深め、二人はやがて対決の時を迎える。

やがてタイムリミットが刻一刻と迫る絶体絶命の中で、チームの仲間や愛する妻の命まで危険にさらされる等、いくつもの〈フォールアウト(余波)〉がイーサン・ハントに降りかかる…。

トム・クルーズ、骨折したまま全力疾走

2017年8月、痛々しい怪我のニュースが世界中を駆け巡った。本作『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』撮影中のイーサン・ハント役トム・クルーズが、ビルからビルに飛び移るスタントに失敗して壁に激突、右足を骨折したというのだネットではその瞬間を収めた動画が広まり、激突直後に足を引きずりながら走り抜ける演技を続行するトムの姿が話題を呼んだ。

2018年1月には、トムがこの時の映像と共にイギリスのトーク番組に出演。右脚がグニャリと曲がる衝撃映像に、スタジオでは悲鳴が上がっていた

ミッション:インポッシブル/フォールアウト

トム・クルーズは、この直後に骨折。

「目標を達成するためにはどんな危険もいとわない、というハントの強い気持ちを観客に感じてもらいたくて、全力でジャンプした」というトム。来日記者会見で語ったところによると、「壁にぶつかった瞬間に”あ、折れた”と思いました」という。「撮影中だから続けなければと思って」というプロ根性と共に、そのまま演技を止めることなく走り抜けた。病院でMRI検査を受けると、距骨(きょこつ、すねの骨の下、かかと骨の上にある骨)が砕けていた。医者によれば、完治には6〜9ヶ月かかるということだった。

これに対してトムの返事は、「わかりました。じゃぁ僕は6週間で治します。」
公式資料、および会見でクリストファー・マッカリー監督が語ったところによると、トムは本当に6週間で撮影に復帰したという。10週間後には走れるようになり、12週間後には全力で走っていたというから驚異的だ。

ミッション:インポッシブル/フォールアウト

© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

ごく短い療養期間を経て復帰したトムが、まだ痛む足のまま最初に挑んだ撮影が、断崖絶壁にしがみつくシーン。トムは「折れたままだったたんだけど、撮っちゃった」とあっけらかんと答えていたが、並大抵のことではない。その後もロンドンに場所を移し、ブラックフライアーズ駅を全力疾走するシーンを撮影。この時、右脚で地面を蹴るたびにハッキリと痛みを感じていたという。さすがに堪えたようで、「その後3日間は歩けなくなった」と振り返っている。

なお、トムが壁に右脚を打ち付けて骨折したシーンは、そのまま本編にも使用されている。

トム・クルーズ、超絶ドライビング・テクニック

『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』(2011)では、ドバイにある世界一の超高層ビル「ブルジュ・ハリファ」をよじ登った。『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(2015)では、離陸するエアバスA400Mアトラス輸送機のドアにしがみついた。

監督としては『ローグ・ネイション』からシリーズ初の続投となったクリストファー・マッカリー監督は、前作で輸送機のドアにしがみつくトムを撮影して「これはもう次回作でやることがなくなっちゃったぞと、次回作の監督は気の毒だね、なんて話していた」ところ、自分が引続き『フォールアウト』を手がけるという”まさか”の展開となったことに苦笑していた。そして今作『フォールアウト』でも、前作までのインパクトや観客の想像を遥かに上回る、”インポッシブル”な本物アクションの数々が多数登場する。

ミッション:インポッシブル/フォールアウト

© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

「映画の街」パリでのハイ・スピードのチェイス・シーンは驚きだ。上述の骨折シーンより前に撮影されたものだが、ここでトムはプロも舌も巻く超絶ドライビング・テクニックを披露している。

凱旋門やオペラ通り、オペラ座に渡るパリ中心部の人気観光スポットを特別に封鎖して撮影されたこのシーンで、トム・クルーズ演じるイーサンは旧式のBMW「M5」セダンを運転して石造りの階段を駆け下りる。ここでトムに下されたミッションは、「車を180度回転させ、残り10度のところでハンドルを切って、クラッチを踏み、ローギアに入れる」というもの。こうして文章で読んでみてもいまいち整理がつかない高等テクニックで、スタントマンやプロのドライバーにとっても決して簡単ではないものだという。それでも、トムは4テイク撮って、そのうち3回は完璧にこなしたということだ。

トム・クルーズ、命がけのヘリコプター操縦

本物アクション満載の『フォールアウト』の中でも、間違いなく最も”ヤバい”のが、ヘリコプターによるスタント・シーンだ。

航空関係のスタント専門家から「役者がヘリコプターの操縦に挑戦するのは不可能に近い」と言われる中、トムは「僕がヘリのパイロットになる」と言い出した。ヘリコプターの操縦は、1日8時間、3ヶ月乗っても「初心者レベル」だと言われる至難の業。しかしトムは「短時間で2,000時間の訓練をこなす」と言い放って見事ライセンスを所得。一年半かけて準備を重ねると、質量1,200kgのヘリコプター(AS350B)を天才的な操縦スキルで操り、誰も見たことのない前代未聞のシーンを実現させたのである。

 ミッション:インポッシブル/フォールアウト

© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

トムにトレーニングを施したティム・マクアダムスも、「35年間もフライトインストラクターを続けてきて、彼ほどの熱心さと、すべてを完璧にこなそうという集中力を持ち合わせている生徒はなかなかいなかった」と素直に驚く。ホバリングの特訓中、さすがに心配になることがあって「大丈夫か?」とティムが声を掛けると、トムはただ振り返って「人生でこれまでにないほど楽しんでます!」と答えたのだとか。

短期間でヘリコプターの操縦技術を体得するだけでも驚異的なのに、トムの場合は機体にたった1人で乗り込み、パイロットとしての「操縦」とイーサン・ハントとしての「演技」、そしてカメラマンとしての「撮影」の三役を同時にこなした。スタッフもこのために、数ヶ月かけてヘリ機内にカメラを固定するリグを開発して準備した。

 ミッション:インポッシブル/フォールアウト

© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

おまけに、予想不能な風が吹く狭い峡谷の間を、複数(最大11機)のヘリコプターが縫うように飛ぶという危険極まりない状況。地面近くで低空飛行し、曲がりくねった川に合わせての操縦はプロにとっても困難だが、トムは短い訓練の後にこの鬼難易度の技をこなした。プロデューサーのジェイク・マイヤーズは「もしもトムが何らかのコントロールミスを犯せば、一巻の終わりだ」と振り返る、文字通り命がけのミッション。「ものすごく神経がすり減ったし、彼らが無事に戻ってくるたびに、安堵の息をついたものでした。」

 ミッション:インポッシブル/フォールアウト

© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

トムは、ヘリコプターが墜落する様子を再現するために「ウイングオーバー」と呼ばれる動きで機体を旋回させる技術も学ばなければならなかった。劇中では、トムが機体を自らスパイラル飛行させながら、あわや墜落!といった表情で決死の演技をする様子も収められている。

このシーンの実現にあたって、はじめにインストラクターが「ウイングオーバー」を実演した際、さすがのマッカリー監督も「トムがこんなことを出来るようになるなんて想像できなかった」「とても不安だった」と言う。ジャパン・プレミアに登場したトムによれば、「プロペラを回転させずにやると、重力がかかりすぎて機体がバラバラになっちゃうんだそうで」と爽やかに恐ろしいことを言う。この危険極まりない「操縦」「演技」「撮影」の一人三役を、トムは完璧にやってのけた。

ミッション:インポッシブル/フォールアウト

© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

一方で、このシーンを共にするオーガスト・ウォーカー役のヘンリー・カヴィルも身体を張った演技を披露している。ヘンリーが乗る機体は、ドア全面を開け放った状態で氷河の上空2,100メートルを時速160キロで飛行。おまけに重量のあるマシンガンを抱えていなければいけない。カチカチに凍えながらの撮影となったようで、ヘンリーはTHE RIVERのインタビューにて「風との戦いでした」「毎日ヘトヘトでした」と振り返っている。

ちなみに、ヘンリーの機体に同乗したカメラマンは、一度目の撮影飛行の後に緑色の顔で戻ってきて、「もう二度とやらない」と言い残してこの仕事を辞めてしまったのだとか。

トム・クルーズ、奇跡のヘイロージャンプ

さらにトム・クルーズは、成層圏ギリギリの高度から身体一つで高速降下するヘイロージャンプ(高高度降下低高度開傘)にも挑んでいる。これは、精鋭部隊が探知されずに敵地へ潜入するための、実在するパラシュート降下技術。高度7,620メートルから飛び降りたメジャー映画の俳優は、トム・クルーズが初めてとなった。

命にかかわる危険はもちろん、人生を通して体得しなければならないレベルの経験が要求される。撮影に入る前に、少なくとも100回以上はジャンプの訓練をしなければならないという。しかし、やっぱりトムはやった。

様々な危険がつきまとうヘイロージャンプだが、中でも特に気をつけなければならないのは酸素が欠乏する低酸素症。若干の興奮状態のあと、脳の働きが止まってしまうもの。重症の場合、中枢神経に障害が発生し最悪の場合死亡するという。専門家のアラン・ヒューイットは、「低酸素症になっているときは自分では気づかない。自分は大丈夫だと思っているから、とても危険な状況なんです」と解説する。この撮影のため、航空医療のスペシャリストがセーフティー・ダイバーとしてトムらと一緒にジャンプを行った。

 ミッション:インポッシブル/フォールアウト

© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

ちなみにこのシーンでトムが降下するスピードは時速320キロ。速すぎてもはやピンと来ない方も多いだろう。東海道新幹線の最高速度でさえ時速285キロ。国内最速とされる東北新幹線の宇都宮〜盛岡間でようやく時速320キロに到達する。この超スピードを、トムはスーツひとつの全身で直に受け止め、降下しながらもアクション演技を行いながら地表ギリギリでパラシュートを開くのである。これを実現するには、プロのインストラクターでも1,000回以上のジャンプが必要で、それでも7割のプロは失敗する超高等技術なのだという。

この訓練のため、トムは毎日ツイン・オッターから4〜5回飛び、さらにランチ後にももう3回飛ぶ日々を続けた。この過酷な生活、並のダイバーなら2週間で音を上げるというが、トムは4週間以上続けていたという。「”自分は魅力的な男だ、1日に10~15回飛んで、みんなでこれを成功させるんだ”と自分に言い聞かせたんです。」

 ミッション:インポッシブル/フォールアウト

© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

よくよく考えれば、アクションに挑むトムらも凄ければ、彼らと一緒にジャンプしながら機材を操って完璧な撮影をこなしたカメラマンも凄いではないか。撮影したのはベテラン空中写真家のクレイグ・オブライエン。驚くことなかれ、オブライエンはこれまでに2万3,000回以上のダイブ経験を持っているという。トムも彼の仕事ぶりを「素晴らしかった」「彼はアーティストだった」と称えた。

そして、凄いのは実際にジャンプしたトムやカメラマンだけというわけでもない。彼らが着用するヘルメットを用意したスタッフも凄かった。

ミッション:インポッシブル/フォールアウト

© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

撮影にあたって、通常のフルフェイス・マスクではなく、トム・クルーズとヘンリー・カヴィルの表情が見えるヘルメットが必要だった。「7,620メートルの高さまで行けるフルフェイスのヘルメットを求めていて、そんなものは今までになかったから、私たちはゼロから初めて、何とか作り上げていくほかなかった」と専門家のヒューイット。暗い機内や日没間際の空でもトムの表情がハッキリ見えるように顔の周りにLEDが埋め込まれたが、電球が焼ききれると火花で発火する危険性があった。そこでヒューイットらは、電球をシリコンでコーティングする工夫を施している。このシーンのために特別に開発された実用的なフルフェイス・ヘルメットにもご注目頂きたい。

満身創痍の格闘シーン

トム・クルーズ演じるイーサン・ハントとヘンリー・カヴィル演じるオーガスト・ウォーカーが、激しい格闘戦を繰り広げるトイレの格闘シーンでも、トムとヘンリーは実際に殴る・蹴るの肉弾アクションに挑んでいる。臨場感を演出するため、出来るだけ少ないカット数で撮影されたため、2人は比較的長い時間、通しでアクションを行う必要があった。トム自身も「もう何度殴って、投げ飛ばして、蹴ったかも覚えていない」というアクションでは、2人の全身に多くのアザを作った。ヘンリーは帰宅するなり、疲労困憊の身体を引きずってベッドに倒れ、毎晩泥のように眠ったという。

 ミッション:インポッシブル/フォールアウト

© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

翌朝も同じシーンの撮影のためトムと現場入りし、「調子どう?いける?」「いけるいける。大丈夫ですか?」「いけるいける」とお互いのコンディションを確かめ合った。ただしヘンリーは、この撮影の終盤では「現場の外で泣いてました」とか。ちなみに、ヘンリー・カヴィルが両腕を素振りしてから構える様子は、ファンの間で“上腕二頭筋装填(Bicep Reload)”とも呼ばれている。

脚本を書き終えていないのに撮影を進めるスタイル

トム・クルーズら出演者陣のアクションも凄いが、これを取りまとめたクリストファー・マッカリー監督もなかなか豪快だ。なにせ監督は、製作が撮影に入っても脚本を最後まで書ききらないままで進めていたのだという。厳密には、クランクインの時点で脚本は33ページ分しか書かれていなかった。サスペンスフルでスリリング、複雑なストーリーラインの上に成り立つ『フォールアウト』だが、実際には撮影しながら脚本に変更を加えていたというから驚きだ。

 ミッション:インポッシブル/フォールアウト

© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

ところが出演者陣は、この環境を不安に思うことなく、むしろ緊張感を楽しんでいたという。ヘンリー・カヴィルは「役者としてはすごく楽しいです。たえず揺れ動いたり、順応したりしているんですから。現実世界の人間と同じように」と、イルサ役のレベッカ・ファーガソンも「この方法はとても好き。常に緊張感があってね」と振り返っている。

ちなみにトム・クルーズが骨折の治療のため撮影中断になった時のことを、マッカリー監督は「おかげで脚本を書く時間ができた」と語っていた。

出演者陣が微笑ましいほど仲良し

シリアスでハードなスパイ・アクションが繰り広げられる『フォールアウト』だが、出演者陣はみな仲良し。特にトム・クルーズ、ヘンリー・カヴィル、そしてベンジー役でコメディアンとしても知られるサイモン・ペッグは、「笑いを取る」ことに競争心を燃やし、来日記者会見とジャパン・プレミアの場でも仲睦まじげにじゃれ合っていた。

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ジャパンプレミア トム・クルーズ、サイモン・ペッグ、ヘンリー・カヴィル、クリストファー・マッカリー監督

©THE RIVER

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ジャパンプレミア トム・クルーズ、サイモン・ペッグ、ヘンリー・カヴィル、クリストファー・マッカリー監督

©THE RIVER

3人がショーン・ハリス、ヴィング・レイムスと一台の車に同乗するシーンの撮影裏では、スーパーマン役としても知られるヘンリーが運転を始めた途端に車内でスーパーマンのテーマを大合唱してイジったのだそう

また、サイモンがTHE RIVERに語ったところによると、撮影は何度も笑いに包まれたそうで、「トムが笑い始める瞬間はいつも面白かった。普段は仕事に集中してるんですけど、トムの瞳にヤンチャ心が宿る瞬間があるんですよ。で、トムが笑うと全員笑っちゃう。彼がその空間のボスみたいなところがありますからね」とのこと。

そんなトムは自分が大好きなココナッツ・クリーム・ケーキ(通称:クルーズ・ケーキ)を度々共演者の自宅に送りつけていたようで、本人曰く「自制心を試すために送っている」という。サイモンは毎回誘惑に負けて食べてしまうそうだが、ヘンリーは警戒したのか食べずに放置していた。たまたまヘンリー宅を訪れた友人に「せっかくトム・クルーズから頂いたケーキなんだから、一切れくらいは食べるべき」と勧められ口にしたところ、「すごく美味しかった」そうで、その場で3/4ほどペロリと平らげたのだという。ヘンリー曰く、「めちゃくちゃ健康に悪いケーキだった。」

そんなトムが骨折で治療期間に入ってしまうと、サイモンはこのケーキのお返しとお見舞いのため、自分の出演する映画やTV番組全てのDVDをセットで送っている

 

「全てはファンのため」トム・クルーズの想い

命にも及ぶ超危険なアクションの数々に挑んだトム・クルーズだが、今作公開時点での年齢はなんと56歳。何千時間にも及ぶ過酷な訓練をこなし、折れた足で全力のアクション撮影に挑めるトムの飽くなき挑戦心は、いったいどこから湧いてくるのだろう。

最後に、トム・クルーズが今作の記者会見で語った、思わず胸熱くなるメッセージをそのまま紹介しておこう。この言葉を胸にしまって本作を鑑賞すれば、きっとトム・クルーズという男から放たれる不屈の精神に勇気を貰えるはずだ。この精神こそが、トム・クルーズをトム・クルーズたらしめるのである。

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ジャパンプレミア トム・クルーズ、サイモン・ペッグ、ヘンリー・カヴィル、クリストファー・マッカリー監督

©THE RIVER

僕は、全キャリア通じて常に自分に挑んでいるんです。どんな映画であっても関係がない。それが僕の関心です。自らの全てを尽くして、観客のためにありたい。人生全てを映画作りに捧げているんです。それが僕の情熱ですから。

世界を旅して、あちこちで映画をつくり、素晴らしい人々と出会い、今日のような日を皆さんと分かち合える、この喜び。これが子供の頃の夢でした。世界を旅して、日本を訪れて、この国が大好きになり、日本文化の映画を作りたいとも思いました。

『ミッション:インポッシブル』も同じです。監督とは、どんなストーリー、キャラクターにするかを考えていました。アクションが見どころになるのはもちろんですが、その前に重要なのはキャラクター。なぜこのキャラクターがこのアクションをやっているのか、という理由が観客を魅了するんです。僕達は、ただ映画を観てもらうというより、体験してもらいたい。そのために、僕達の全てのスキルと、素晴らしい俳優たちの才能を注ぎ込んで、皆さんにエンターテインメントを提供したい。

僕は、残りの人生も全て捧げて皆様のためにありたい。それが僕という存在で、他にやることも分からない。マッカリー監督とは、これまでに9本の映画を一緒に作りました。(監督を見ながら)あと19本はいこうね(笑)。」

映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』は、2018年8月3日(金)より全国ロードショー。

おっと、上映中はスマホの電源を絶対にオフ。前の席を蹴ったり、私語をしたりビニール袋をガサガサさせたりせず、マナーを守ろう。『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』は今年一番カッコいい映画なのだ。僕たちも、カッコいいマナーで鑑賞しようじゃないか。

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』公式サイト:http://missionimpossible.jp/

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』キャスト/出演者

  • トム・クルーズ/イーサン・ハント
  • ヘンリー・カヴィル/オーガスト・ウォーカー
  • ヴィング・レイムス/ルーサー・スティッケル
  • サイモン・ペッグ/ベンジー・ダン
  • レベッカ・ファーガソン/イルサ・ファウスト
  • ショーン・ハリス/ソロモン・レーン
  • アンジェラ・バセット/エリカ・スローン
  • ヴァネッサ・カービー/ホワイト・ウィドウ
  • ウェス・ベントリー/パトリック
  • フレデリック・シュミット/ゾラ
  • ミシェル・モナハン/ジュリア
  • アレック・ボールドウィン/アラン・ハンリー

© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。