キャプテン・アメリカ役クリス・エヴァンス、アイアンマン役ロバート・ダウニー・Jr.の誕生日を祝福 ― マーベル映画の10年経て

2018年4月4日(米国時間)、俳優ロバート・ダウニー・Jr.が53歳の誕生日を迎えた。
演技派俳優として若かりし日々を過ごしたロバートは、さまざまなトラブルを経て、現在ハリウッドのトップスターとして活躍している。そのカギとなったのが2008年『アイアンマン』で、以降、彼はトニー・スターク/アイアンマン役を演じつづけ、幅広い層の観客に広く知られる存在となった。

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の集大成、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の公開を控えてのロバートの誕生日を、同じくMCUを黎明期から支えてきたクリス・エヴァンスが祝福している。

「かけがえのないロバート・ダウニー・Jr.、誕生日おめでとう!(彼が若返ってると思うのは僕だけかな?) 会いたいよ!」

2017年1月から2018年1月まで、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』、そして『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル未定)の撮影は約1年かけて行われた。この2作品では、おそらくロバート&クリスの共演シーンも決して少なくないとみられる。『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)をふまえた二人の関係性を演じることについて、ロバートは以前こう語っていたのだ。

「(撮影は)僕にとってはすごく辛かったですね。だってエヴァンスを見たら、僕は寄っていって匂いを嗅いだり、“ランチの時のサングラス姿、クールだね”って伝えたりしたいんですから。それでも、ただ怒りながら、彼をじっと睨みつけてるんですよ。」

一方、『アベンジャーズ』第4作の撮影終了後、クリスは撮影現場でのロバートについてこう話している

「ダウニーを想う言葉なら、いくらだって出てくる。彼は素晴らしい男で、才能も凄いし、経験も豊富。それに、とても献身的なんです。いつだって僕の傍に居てくれた。いつも彼に支えられていると感じられました。彼は、一人ひとりを輪の中に入れてくれて、全員を歓迎してくれる。最終作では特にそうでした。」

 

「最終作」といわれているように、ロバートとクリスは『アベンジャーズ』第4作をもってマーベル・スタジオとの契約を揃って満了する。ロバートの今後は不明だが、クリスはキャプテン・アメリカ役からの卒業を明言している状態だ。長い時間をかけて映画を、そしてユニバースを作ってきた二人だが、現時点でアイアンマン&キャプテン・アメリカとして今後共演する予定はないのだろう。ロバートにとって2018年の誕生日とは、作品のプロモーションを残してはいるものの、ひとまず10年間を走り抜けた先にやってきた「誕生日」だったのである。

ちなみに、ロバートと同じく10年間を、こちらは断続的に走ってきたのが、『アイアンマン』シリーズでヒロインのペッパー・ポッツを演じたグウィネス・パルトロウだ。ロバートの誕生日を、彼女はトム・ホランドとの3ショットで祝福している。

現在、ロバートは新作映画『ザ・ヴォヤージュ・オブ・ドクター・ドリトル(原題:The Voyage of Doctor Dolittle)』の製作中。『シャーロック・ホームズ』第3作の企画もまだ存在するということで、53歳になった彼はますます意欲的だ。MCUへの続投こそ不明だが、さらなる活躍を楽しみにしよう。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-iw.html

Sources: Chris Evans, Gwyneth Paltrow
Eyecatch Image: [左]Robert Downey Jr. [右]Chris Evans All Photo by Gage Skidmore Remixed by THE RIVER

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。