Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ/エンドゲーム』リピート鑑賞率は『インフィニティ・ウォー』の1.85倍 ─ 米チケット販売大手発表

アベンジャーズ/エンドゲーム

世界最速公開からわずか7日間で全世界興行収入ランキングの歴代第8位まで登り上がった怪物作アベンジャーズ/エンドゲームは、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の集大成とあって、すさまじい情報量と怒涛の展開が連続する一作だ。3時間にも及ぶ上映時間にはMCU11年の歴史も詰まっており、何度も見返して噛み締めたい内容となっている。

米チケット販売大手Fandangoの発表によれば、アベンジャーズ/エンドゲーム』のリピート鑑賞率は、シリーズ前作『インフィニティ・ウォー』に比べて85%高いという。

あまりの勢いに、Fandango編集長のエリック・デイビス氏も「『アベンジャーズ/エンドゲーム』はもはや止まらない」と舌を巻く。「ファンはこのマーベル最新作を気に入って、MCU22作の映画の壮大な締めくくりである本作をもう一度観るために劇場に戻っていくんです。」

本作は米国において、4月26日(金曜日、米国時間)での劇場公開から5日間で4億2,738万ドルを達成。すでに米国興収4億ドル突破の史上最短記録を更新したほか、5月3・4日ごろには5億ドルを更新し、同じく最短記録を塗り替える見込みだ。米国を除いた海外での興収記録は10億ドルを突破しており、海外興収ランキングの歴代第6位に輝いている。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』は、前売チケット発売の時点でも数々の記録を更新しており、Fandangoでは、発売初週の時点で『インフィニティ・ウォー』の5倍他の大手チケット販売サイト「Atom Tickets」では、同じく初週の時点で、『インフィニティ・ウォー』や『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)、『キャプテン・マーベル』(2019)、『アクアマン』(2018)の初週前売累計額の約2倍というとんでもない成績を叩き出していた。

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』は2019年4月26日(金)より全国公開中。あなたは何回観ましたか?

『アベンジャーズ/エンドゲーム』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-endgame.html

Source:Boxofice Pro

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly