ユアン・マクレガー、『スター・ウォーズ』オビ=ワン・ケノービ役の再演は「計画ない」

映画『スター・ウォーズ』プリクエル3部作でオビ=ワン・ケノービ役を演じたユアン・マクレガーが、ファンから大きな期待が寄せられているオビ=ワン役の再演について、2018年8月時点の状況を語った。

米国のテレビ番組「The View」に出演したユアンは、「オビ=ワン役に復帰する話はありますか?」という質問に少し困った表情を浮かべるも、すぐに「もちろんやりたいですよ」と応答。しかし「僕が知るかぎり、そういう計画はありません」と付け加えている。


「スピンオフ映画が作られているように、(オビ=ワンにも)良いストーリーが必要です。(プリクエルの)僕と(オリジナル3部作の)アレック・ギネスをつなぐ、良いオビ=ワンの作品ができそうですよね。何度も“やりたい”と言ってるので、僕がディズニーに売り込んでるみたいじゃないですか?(笑)」

オビ=ワン・ケノービのスピンオフ映画については、2017年8月に企画の存在が報じられ、『リトル・ダンサー』(2000)のスティーブン・ダルドリー監督と契約交渉中だと伝えられていた
しかし2018年6月下旬、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(2018)の米国興収が見込みを大きく下回ったのち、ルーカスフィルムがオビ=ワンやボバ・フェットのスピンオフ映画を保留するとの報道が流れた。ルーカスフィルムはこの報道に対して「不正確」とコメントしたが、内容の完全否定には至らなかった。その後、米国メディアが取材を重ねるも、オビ=ワンのスピンオフ映画について動向はつかめなかったという。

これまでユアンはオビ=ワンの再演に意欲的な姿勢を見せてきたが、再演やスピンオフについての質問があまりに多いため、2016年には「ファンの熱狂ぶりは正直理解できません」「屈辱的です」と話したこともあった。2018年1月、オビ=ワンに関する噂について尋ねられた際も「今のところはノープラン」語っていたのである。

 

オビ=ワンのスピンオフ映画が製作されると報じられ、その行く末がわからなくなり、さらに2018年6月には『スター・ウォーズ エピソード9(仮題)』のユアンが出演するとの噂も流れた。時の流れとともにオビ=ワンに関する情報や噂は移ろっているが、ユアンの姿勢は変わらず、そして彼が述べるところによると、「僕の知るかぎり再演の計画はない」という……。

いずれオビ=ワンを再演する機会がやってくるにせよ、ルーカスフィルムによる公式発表がなされるまでは、ユアンの口からなんらかの情報が語られることはないだろう。ひとまずこれまで通り、“いつか”という期待を胸に秘めておくほかはない。

Source: The View

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。