Menu
(0)

Search

『ファンタスティック・フォー』MCU版キャスト、「近々の発表はない」 ─ マーベル社長が明言

ファンタスティック・フォー

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)版『ファンタスティック・フォー』(正式タイトル未定)のキャスティング発表は、まだしばらく先の話となりそうだ。マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長が、米Entertainment Tonightの取材にて語った。

『ブラック・ウィドウ』のレッドカーペット・イベントに登場したファイギ社長は、「『ファンタスティック・フォー』のキャスティングについて、近々、なにかニュースは予定されていませんか?」との問いかけに「近々はないと思います」と応じている。ただし、「今回は2年ぶりのレッドカーペット・イベント。今後、もっとニュースを発表できるイベントもあるでしょうから、近い将来どこかでできればいいですね」と、コロナ禍の本格再起動を予感させるコメントも飛び出した。

コロナ禍以前であれば、毎年7月には“ポップカルチャーの祭典”であるサンディエゴ・コミコンが開催され、マーベルも大規模なパネルイベントを実施して情報解禁を行うのが恒例となっていた。しかしオンライン開催となった2020年、そして2021年もマーベルはオンラインでの参加を見合わせている。次なる大型情報の発表に関しては、マーベル側も様子を見ている状況ということだろうか。

なおMCU版『ファンタスティック・フォー』については、2021年2月に“ジェニファー・ローレンスが出演する”との噂が流れたが、これは極めて信憑性が低い情報。直後に米Deadlineのジャスティン・クロール記者は「マーベルは『ファンタスティック・フォー』の脚本家たちとミーティングを始めたばかり。まだ脚本は存在せず、撮影にはしばらく時間がかかる」と伝えていた

あわせて読みたい

Source: Entertainment Tonight

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly