Menu
(0)

Search

『ファンタスティック・フォー』MCU版キャスト、「近々の発表はない」 ─ マーベル社長が明言

ファンタスティック・フォー

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)版『ファンタスティック・フォー』(正式タイトル未定)のキャスティング発表は、まだしばらく先の話となりそうだ。マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長が、米Entertainment Tonightの取材にて語った。

『ブラック・ウィドウ』のレッドカーペット・イベントに登場したファイギ社長は、「『ファンタスティック・フォー』のキャスティングについて、近々、なにかニュースは予定されていませんか?」との問いかけに「近々はないと思います」と応じている。ただし、「今回は2年ぶりのレッドカーペット・イベント。今後、もっとニュースを発表できるイベントもあるでしょうから、近い将来どこかでできればいいですね」と、コロナ禍の本格再起動を予感させるコメントも飛び出した。

コロナ禍以前であれば、毎年7月には“ポップカルチャーの祭典”であるサンディエゴ・コミコンが開催され、マーベルも大規模なパネルイベントを実施して情報解禁を行うのが恒例となっていた。しかしオンライン開催となった2020年、そして2021年もマーベルはオンラインでの参加を見合わせている。次なる大型情報の発表に関しては、マーベル側も様子を見ている状況ということだろうか。

なおMCU版『ファンタスティック・フォー』については、2021年2月に“ジェニファー・ローレンスが出演する”との噂が流れたが、これは極めて信憑性が低い情報。直後に米Deadlineのジャスティン・クロール記者は「マーベルは『ファンタスティック・フォー』の脚本家たちとミーティングを始めたばかり。まだ脚本は存在せず、撮影にはしばらく時間がかかる」と伝えていた

あわせて読みたい

Source: Entertainment Tonight

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly