Menu
(0)

Search

『ファンタビ』と『ハリー・ポッター』がひとつに繋がる特別映像が公開 ─ エディ・レッドメインとジュード・ロウからも動画メッセージ

©2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights ©J.K.R.

日本公開3週連続でランキング1位の座を譲らない大ヒット作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』より、『ファンタビ』と『ハリー・ポッター』シリーズからなる”魔法ワールド”の繋がりがたっぷり詰まった胸アツの特別映像が公開となった。

映像の冒頭では、主人公ニュート役のエディ・レッドメインと若きダンブルドア役のジュード・ロウからの特別メッセージも。その後は、本作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』と、映画『ハリー・ポッター』シリーズの映像をセンスよくミックスした、ファン感涙の編集に仕上がっている。さらに、『ファンタビ』と『ハリポタ』の繋がりがより楽しめる解説文も届けられた。

『ファンタビ』で描かれる『ハリポタ』魔法ワールドとの繋がりとは

ニュートやハリー、あのヴォルデモートも卒業生 ─
『ハリポタ』でお馴染みの学舎・ホグワーツ魔法魔術学校が登場

©2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights ©J.K.R.

『ハリポタ』シリーズでお馴染みのハリー・ポッターの学舎・ホグワーツ魔法魔術学校。『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』でも、主人公ニュートの母校として登場する。
映像内でダンブルドア先生が『“時間”とは不思議なものじゃ、かつてある若者が君たちと同じくこの学び舎にいた』と語るように、主人公ニュートや、ハリー、そして『ハリポタ』シリーズでお馴染みのイギリス魔法界を恐怖に陥れたヴォルデモート卿”も生徒としてホグワーツ魔法魔術学校で魔法を学んでいたのだ。

同じ学び舎で学んでいた魔法使いたちだが、彼らが辿るのは全く違う道となるハリー、ニュート、ヴォルデモートと繋がりを持つダンブルドア先生は、本作でどのような役割をもつのだろうか。

ハリーも虜になった “みぞの鏡”も ─
ダンブルドア先生が見たものとは

©2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights ©J.K.R.

心の奥に秘められた強い望みを映し出す“みぞの鏡”。『ハリポタ』シリーズで幼い頃に両親を亡くしたハリーが“みぞの鏡”の中に自身の両親を見出し虜になったことでも知られていたが、本作でダンブルドア先生がその鏡を覗き込むシーンが!鏡の中に過去に自身と深い関係にあったグリンデルバルドの姿を見出していた。

『この鏡に魅入られ身を滅ぼした者は大勢いる』と語っているダンブルドア先生だが、グリンデルバルドと深い関係にあったからこそ、グリンデルバルドを追うようにニュートに頼んだのだろうか。ダンブルドア先生とグリンデルバルドの関係からも目が離せない。

『ハリポタ』でも重要なキーワードとなった“死の秘宝” ─
『ファンタビ』 のキャラも持っている

©2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights ©J.K.R.

『ハリー・ポッターと死の秘宝』で物語のカギを握る重要なアイテムとなる“最強の杖”、死者を現世に呼び出す”甦りの石“、被った者の身を隠す”透明マント“の 3 つから成り立つ”死の秘宝。『ファンタビ』シリーズでもなんとクリーデンスがグリンデルバルド扮するクレイブスから“死の秘宝”マークのネックレスを渡されており、“死の秘宝”が物語のカギを握る予感。

本作ではグリンデルバルドが“死の秘宝”の 1 つでもある最強の杖を使用しており、最強の魔法使いであることが分かるだろう。果たして、魔法界、人間界の運命とは。劇場でお確かめいただきたい。

合わせて読みたい

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』公式サイト:fantasticbeasts.jp

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly