【特集】ブラック・ウィドウの過去と現在 ― 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』での変化、ヒーローたちとの関係は

女優スカーレット・ヨハンソンが演じるナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウは、2010年『アイアンマン2』以来、マーベル・シネマティック・ユニバースを支えるキーパーソンだ。2018年時点で単独映画こそ製作されていないが、複雑な背景ゆえに様々なヒーローと関係を築き、その活躍を強力にバックアップしてきた。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で、そんなブラック・ウィドウには大きな変化が生じている。トレードマークだった赤髪がブロンドヘアになったのだ。『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)を経たナターシャは、本作までにいかなる経験を経て、そしてサノスとの対決で何を見せてくれるのか。現在までの経緯や、ヒーローたちとの関係性を振り返っておくことにしよう。

注意

この記事では、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の設定や内容に言及しています。

ブラック・ウィドウの過去と現在

『アイアンマン2』ののち、『アベンジャーズ』(2012)でチームの一員として、また『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014)ではスティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカをサポートする“相棒役”として活躍したブラック・ウィドウだが、その背景を読み解くために最も重要なのは『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)だろう。未だ多くは説明されていないものの、ナターシャがスパイとして厳しい訓練を受けたこと、子供を持てない身体になっていることが明かされたのだ。

続く『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)で、ヒーローを国連の管理下に置く「ソコヴィア協定」をめぐってスティーブとトニー・スタークが対立する中、ナターシャはトニーの側に付いた。しかし、その一方でスティーブを一人にしない配慮を見せ、彼の望みにも貢献する姿勢をも見せている。アンソニー&ジョー・ルッソ監督は、同作の音声解説にて、ナターシャを「最も成熟したキャラクター」だと述べ、元ヴィランゆえに他者の気持ちを理解できる人物として描く意図を明かしていた。

そして本作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は、『シビル・ウォー』から2年後の物語だ。その前日譚コミック“Marvel’s Avengers: Infinity War Prelude”には、ナターシャが逃亡者となったキャプテン・アメリカ、サム・ウィルソン/ファルコンとともに反テロ活動の最前線を戦う様子が描かれている。
『シビル・ウォー』以降のナターシャやスティーブらについて、スカーレットは「政府の支援も受けず、大衆にも支持されず、多くのミッションに関わっていたんだと思います。逃亡者のようにしながら、人々のためベストを尽くそうとしてるんです」述べた。また記事冒頭で触れたブロンドヘアについて、彼女はこのように説明している。

「ジョーとアンソニーは、(『シビル・ウォー』から)一定の時間が過ぎたことを表現したいと考えていました。ブラック・ウィドウとキャプテン・アメリカは、二人とも人々に見つからないように行動しているんですよね。[中略]監督たちには、私とキャップを今までとは違う見た目にする意図がありました。“よし、ブラック・ウィドウが疲れ切るまでの物語があったことを示してみよう”って思いましたね。」

 

キャプテン・アメリカ、ハルクとの関係

おそらく『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』において、ブラック・ウィドウはキャプテン・アメリカと強い結びつきをもったキャラクターとして描かれることになるのだろう。スカーレットは、ハードな人生を送ってきたナターシャについて、『シビル・ウォー』を経て「以前よりも態度を硬化させたんじゃないかな」話している。しかし逃亡者となったキャプテン・アメリカにとって、その性質こそが彼を導くことになったのかもしれない。キャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンスはこう述べる。

「スティーブは、世間の中で少し硬化し始めているんじゃないかと思います。でもナターシャは経験と知識という点で、いつも彼の数歩先を行っている。彼らは、理由は異なりながらもお互いに頼り合っているんです。それで友情がより深まったんですよ。」

ただし政府から追われる身となったこと、反テロ組織に身を置いてひそかに活動していることは、キャプテン・アメリカとブラック・ウィドウにとって非常に過酷な状況なのだろう。その環境が二人の関係性に負荷をかけていることを、スカーレットは明らかにしている。

「二人のコミュニケーションはスムーズですが、お互いに硬くなっていると思いますね。長い間隠れて仕事をしていると、励ましの言葉や正しい評価が必要じゃなくなっていく。大切なもののために戦っていても、巨大な組織や社会全体から評価や支援を受けることさえないんです。」

クリスとスカーレットは、スティーブとナターシャの間に恋愛感情が生まれたことはないと口を揃えている。しかし一方で、クリスは「二人の間に役割はあったと思います。お互いに埋める隙間があって、お互いに壊れてしまった信念に向き合わなくてはならなくて、いろんな理由でお互いに寄りかかってきたんじゃないかって」とも語っているのだ。二人の関係は、そしてブラック・ウィドウの今後はどうなっていくのか……。

『シビル・ウォー』後、キャプテン・アメリカとブラック・ウィドウの関係はどう変化したか ― 過酷な現実、恋愛は「ない」

なお『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で、ナターシャは『エイジ・オブ・ウルトロン』で心を通わせたブルース・バナー/ハルクとの再会を果たすことになる。二人の関係性にどこまで踏み込まれるかは定かでないが、もしかすると、そこに明るい兆しは見えないのかもしれない。ハルク役のマーク・ラファロ、そしてスカーレットは、別々の取材でこのようにコメントしているのだ。

マーク: 二人は結ばれない恋人たち(star-crossed lovers)です。報われるにせよ、報われないにせよ、彼らは残りの人生を通して向き合っていくと思いますよ。やり直すのか、そうではないのか、すぐに決まるものではないと思うんです。

スカーレット: ナターシャは特別に感傷的な人間ではないですし、ある時間が過ぎて、二人がいろんなことを経験したことも分かっていると思いますよ。

スカーレット・ヨハンソン

©THE RIVER

1984年生まれのスカーレット・ヨハンソンは、1994年より子役として俳優のキャリアをスタートさせている。主演女優としてのデビューを飾ったのは『のら猫の日記』(1996)で、『ホーム・アローン3』(1997)などを経て『モンタナの風に抱かれて』(1998)で注目を獲得。コーエン兄弟監督作品『バーバー』(2001)や『ゴーストワールド』(2001)など充実のフィルモグラフィは、現在の活躍を予感させるには十分といえるだろう。
その後、スカーレットを女優としてさらに羽ばたかせる転機となったのは『真珠の耳飾りの少女』(2003)、『ロスト・イン・トランスレーション』(2003)だ。英国アカデミー賞、ゴールデングローブ賞に登場した彼女は、このあとウディ・アレンやブライアン・デ・パルマ、クリストファー・ノーランらの作品に出演。『ザ・スピリット』(2008)ではコミック界の名匠フランク・ミラーとの仕事を経験している。

『アベンジャーズ』以降はアクション女優としての活動もめざましく、リュック・ベッソン監督作品『LUCY/ルーシー』(2014)や『ゴースト・イン・ザ・シェル』(2017)に出演。声優としても評価されており、『her/世界でひとつの彼女』(2013)では人工知能サマンサを演じたほか『ジャングル・ブック』(2016)や『SING/シング』(2016)にも登場。ウェス・アンダーソン監督の最新作『犬ヶ島』(5月25日公開)でも声の出演を務めている。

なおスカーレット演じるブラック・ウィドウは、現在単独映画の企画が進行しているとのこと。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』および『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)以降の活躍も今から楽しみだ。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』公式サイト:http://cpn.disney.co.jp/avengers-iw/

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。