『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ブラック・ウィドウはなぜブロンドヘアに?スカーレット・ヨハンソン、ハルクとの関係にも言及

いよいよ2018年4月に公開を控える映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』
2017年11月に公開された予告編では、スカーレット・ヨハンソン演じる女性ヒーロー、ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウの髪色が赤からブロンドに変化していたことに驚いた方も少なくないのではないだろうか。

ブラック・ウィドウの特徴といえば、その燃えるような赤毛だった。『アイアンマン2』(2010)で初登場を果たして以降、ロングやボブなどヘアスタイルは変われども赤毛を貫いていた彼女に一体何が起きたのか? この疑問について、2017年夏に行われたインタビューでスカーレット・ヨハンソンがその意図を説明している。

『シビル・ウォー』からの「時間の経過」

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は、ブラック・ウィドウが前回登場した『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)以降の物語であり、その時系列については監督やヨハンソン自身が以前明かしていた。ブラック・ウィドウの髪色の変化は、まさに「時間」にこそ関係のあるものらしい。

「(監督の)ジョーとアンソニーは、(前回の登場から)一定の時間が過ぎたことを表現したいと考えていました。ブラック・ウィドウとキャプテン・アメリカは、二人とも人々に見つからないように行動しているんですよね。厳密にいえばそうではないんですけど。
赤髪はナターシャの特徴ですが、監督たちには、私とキャップを今までとは違った見た目にする意図がありました。私としては、“よし、ブラック・ウィドウが疲れ切るまでの物語があったんだってことを、ちょっとだけ示してみることにしよう”って思いましたね。」

ブラック・ウィドウは『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)でブルース・バナー/ハルクと微妙な恋愛関係になったものの、ハルクとなったブルースは地球を去ってしまった。
ブルース役のマーク・ラファロが「結ばれない恋人たち」と形容した二人の関係について、ヨハンソンは再び「時間が過ぎた」という言葉を用いて以下のように語っている。「ナターシャは特別に感傷的な人間ではないですし、ある時間が過ぎて、二人がいろんなことを経験したことも分かっていると思いますよ。」

過去のインタビューで、ヨハンソンは「ブラック・ウィドウは、以前よりさらに態度を硬化させた」と内面の変化を明かしていた。その髪色の変化について明確な理由はまだ汲み取れないものの、ブラック・ウィドウには時間の経過とともに何らかの変化が生じ、それが外見にも表れたのだろう。今回のブラック・ウィドウは、髪色だけでなく、また異なる人物像を観客に示してくれるのかもしれない。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は、2018年4月27日より全国ロードショー。

(文:まだい)

Source: Collider

About the author

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。