Menu
(0)

Search

ジョン・ウィックが宇宙へ行く可能性?監督は意外にも前向き

ジョン・ウィック:パラベラム
®, TM & © 2019 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

キアヌ・リーヴスを主演に迎えた痛快アクション映画『ジョン・ウィック』(2014)は比較的低予算で製作されたが、その世界的大ヒットを受けてシリーズは拡大。第1作から監督を務めるチャド・スタエルスキが、将来的にさらにスケールが大きくなる可能性を示唆している。

シリーズ第1作はロシアン・マフィアへの復讐に燃える伝説の元殺し屋、ジョン・ウィックが孤独な闘いを繰り広げ、続編『チャプター2』ではイタリアン・マフィアを相手に、世界中の殺し屋を敵に回してしまったウィック。第3作『パラベラム』では裏社会の掟を破り、賞金首となって追われる身となったウィックの死闘が描かれ、最新作『ジョン・ウィック:チャプター4(原題)』もさらなるパワーアップが期待されている。

続編を重ねるごとに製作予算も規模も大きくなっていくシリーズについて、米Comicbook.comがスタエルスキに「ジョン・ウィックが宇宙へ行く可能性」を尋ねたところ、意外な答えが返って来ている。

その可能性は十分ありますね。ジョン・ウィックが宇宙船を操縦するかどうかは分かりませんが、キャラクターが宇宙へ行くことは可能ではないでしょうか。いちファンとして、ジョン・ウィックの世界は楽しくて面白いと思っているので、可能性は無限です。既存の知的財産を基にした作品ではないし、バットマンのように原作を踏襲する必要はないですからね。何でも出来るということです。

スタエルスキが本気で言っているのかどうか知る由はないが、地上で追い詰められすぎたジョン・ウィックさんが宇宙へ飛び出す……という展開はアリかもしれない?『ジョン・ウィック』シリーズは第5作の製作が決定しているが、果たして。

待望の最新作『ジョン・ウィック:チャプター4(原題)』が、2023年3月24日に米国公開予定。その他には、映画シリーズでイアン・マクシェーン演じるコンチネンタル・ホテルの支配人、ウィンストン・スコットの若かりし頃を描く前日譚スピンオフドラマ「ザ・コンチネンタル(原題:The Continental)」や、アナ・デ・アルマス主演のスピンオフ映画『Ballerina(原題)』も待機中だ。

あわせて読みたい

Source:Comicbook.com

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly