Menu
(0)

Search

「ロキ」シーズン2が決定 ─ マーベル・スタジオのドラマでは初

ロキ
(C)2021 Marvel

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)ドラマロキのシーズン2が製作されることがわかった。

マーベル・スタジオによるDisney+(ディズニープラス)オリジナルドラマとしては、これまでに「ワンダヴィジョン」「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」が配信。シーズン2への更新が決定したのは「ロキ」が初めて。「ワンダヴィジョン」はエミー賞の「リミテッドシリーズ」に提出されたことから、シーズン2の実現可能性は低いと見られる(「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」はその限りではない)。

ドラマ「ロキ」は、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)でアベンジャーズから逃げ去った後のロキを描く物語。トム・ヒドルストンがロキ役を続投し、ケイト・ヘロンが監督を、マイケル・ウォルドロンが脚本を務めた。キャスト及び製作陣のシーズン2への続投は、現時点で伝えられていない。

「ロキ」シーズン2の事実については、2021年7月14日配信の第6話「とわに時を いつでも」の中で明らかにされた。これを受け、米DeadlineVarietyなど大手媒体も報じている。

Disney+のマーベル・スタジオ作品は今後、別の世界での出来事を描くアニメシリーズ「ホワット・イフ…?」が登場。2021年8月11日(水)より配信となる。

Source:Deadline,Variety

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly