Menu
(0)

Search

『クワイエット・プレイス』ノア・ジュプ、『IT/イット』ジェイデン・マーテル、吸血鬼ホラーコメディで共演 ─ 『ロストボーイ』リブート企画が始動

ジェイデン・マーテル ノア・ジュプ
Super Festivals https://www.flickr.com/photos/superfestivals/41146322601/ | © John Bauld https://www.flickr.com/photos/themollusk/48712204537/ | Remixed by THE RIVER

『クワイエット・プレイス』シリーズのノア・ジュプ、『IT/イット』シリーズのジェイデン・マーテルが、カルト的人気を誇るホラー・コメディ『ロストボーイ』(1987)のリブート版映画で共演することがわかった。米The Hollywood Reporterが報じている。

『ロストボーイ』は、カリフォルニアにある海沿いの街に引っ越してきたマイケル&サム・エマーソン兄弟が、吸血鬼によって街が支配されていることを知り、自分たちをヴァンパイア・ハンターだと考えているコミックオタクの兄弟とともに戦いに挑む物語。「吸血鬼版『グーニーズ』」とも呼ばれてカルト的な人気を誇る一作で、ジェイソン・パトリック、キーファー・サザーランドといったフレッシュなキャストが出演。監督はジョエル・シュマッカーが務めた。

米ワーナー・ブラザースによるリメイク版の詳細は不明だが、物語の舞台は現代になる見込み。監督には「このサイテーな世界の終わり」(2017-2019)のジョナサン・エントウィッスルが就任し、脚本は「チェンバース: 邪悪なハート」(2019)「グランド・アーミー」(2020)のランディ・マッキノンが執筆する。ランディはDCドラマ「スタティック・ショック(原題:Static Shock)」にも起用された新鋭だ。製作はブライアン・カヴァナー=ジョーンズ&フレッド・バーガー。

なお『ロストボーイ』は米CW局がテレビドラマ版を企画しており、「ヴェロニカ・マーズ」(2004-2007)の脚本家ロブ・トーマスが就任していた。2020年には撮影も始まっていたが、コロナ禍による中断を余儀なくされ、その後CW局の判断で企画継続は見送られている。ワーナーはドラマ版にも携わっており、企画の頓挫を経て、映画としての再起動を図ったということだ。

現在のハリウッドにおいて、ノアは『フォードvsフェラーリ』(2019)や『ハニーボーイ』(2019)などで、ジェイデンは『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』(2019)「ジェイコブを守るため」(2020)などで活躍。ともにホラー作品で躍進したニュースターとあって、ホラー・コメディでの共演がどんな化学反応を生むことになるか。オリジナル版は『ロストボーイ:ニューブラッド』(2008)『ロストボーイ サースト:欲望』(2010)とDVDスルーながら続編も製作されているため、ヒットすればシリーズ化の可能性もありそうだ。

Source: The Hollywood Reporter

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly