Menu
(0)

Search

『スパイダーマン』新スピンオフ『マダム・ウェブ』2023年7月に米公開決定 ─ シリーズ初の女性スーパーヒーロー映画、ダコタ・ジョンソン主演

Dakota Johnson
Photo by MTV International https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Dakota_Johnson_2018_(cropped).png | CC BY 3.0

『ヴェノム』シリーズや『モービウス』米ソニー・ピクチャーズの『スパイダーマン』関連新作映画『マダム・ウェブ(原題:Madame Web)』が、2023年7月7日に米国公開されることが明らかとなった。米Deadlineが報じている。

1980年11月に刊行された「The Amazing Spider-Man」#210にて初登場したマダム・ウェブは、神経筋疾患を患った盲目の老女。移動や呼吸することさえ難しいため、蜘蛛の巣のような生命維持装置に身体を繋がれているという設定だ。しかし、“スパイダー・ヒーロー”たちの未来を予知したり、現実を透視したりといった能力を持っており、映画は「ソニー・ピクチャーズ版ドクター・ストレンジ」のような作品になるという。

『マダム・ウェブ』は、ソニー・ピクチャーズが製作する『スパイダーマン』ユニバースで女性スーパーヒーローを主役にした初の映画に。タイトルロールで主演するのは、『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』シリーズなどで知られ、『サスペリア』(2018)『ロスト・ドーター』(2021)などでも活躍するダコタ・ジョンソン。その他に、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(2019)「ユーフォリア/EUPHORIA」(2019‐)などで注目の新鋭俳優シドニー・スウィーニーが不明の役で出演が決定している。監督を務めるのは、「Marvel ザ・ディフェンダーズ」(2017)『コラテラル 真実の行方』(2018)などのS・J・クラークソン。

2022年3月末には、『マダム・ウェブ』の米公式Twitter / Instagramアカウントが設立されたが、現時点で投稿はない。今後、映画の製作が進むにつれて、公式SNSアカウントにアップされる情報が増えていくだろう。

なお、ソニー・ピクチャーズの『スパイダーマン』ユニバースでは、“スパイダーマン狩りに執念を燃やす男”として知られるヴィランを主人公にした『クレイヴン・ザ・ハンター』も進行中。こちらはアーロン・テイラー=ジョンソン主演で、ラッセル・クロウも出演する予定だ。

『マダム・ウェブ(原題:Madame Web)』は、2023年7月7日に全米公開予定。

Source:Deadline

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly