Menu
(0)

Search

「僕はこれからもアクアマン」ジェイソン・モモアが続投表明 ─ ジェームズ・ガンらと面会、別の役柄も示唆

アクアマン
(C) 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved “TM & cDCComics”

映画『ワンダーウーマン』第3作の製作中止、ヘンリー・カヴィルのスーパーマン復帰断念、『ブラックアダム』の事実上の頓挫など、DC映画ユニバースの再編によって激震が続く中、変わらず続投の意向を示した人物がいる。アクアマン/アーサー・カリー役のジェイソン・モモアだ。

ナレーションと製作総指揮を務めたドキュメンタリー映画『Deep Rising(原題)』のため、サンダンス映画祭に出席したモモアは、その直前にワーナー・ブラザース・ディスカバリーのデヴィッド・ザスラフCEOや、新たにDC映画を率いるジェームズ・ガン監督らと面会。米Varietyの取材では「素晴らしい話し合いでした。僕はワーナー・ブラザースにいて、彼らも僕の仕事を好きでいてくれる。良い話がたくさんありますよ」と語り、アクアマン役の今後についてはこう言い切ったのである。

僕はこれからもずっとアクアマン。誰かがやってきて乗っ取ることはありません。同時に、別の役柄をやる可能性もあります。僕は違う役柄も演じられる。面白くなれるし、野蛮にもなれるし、チャーミングにもなれますよ。」

Deadlineの取材でも、モモアは同じく「僕はこれからもアクアマンで、そこにはいろんな展開があるものです。僕はどこにも行かないし、(今後が)とても楽しみ」とコメント。やはり「いくつもの役をやる余地はあるし、そういう役者たちも見てきたから、ぜひやってみたい」とも言い添えた。

モモアが示唆する“別の役柄”とは、DCユニバースの再編が報じられて以降、たびたび噂されてきた“ロボ”のことではないかと推測できる。2022年12月、『ワンダーウーマン』第3作の中止が伝えられた際、米The Hollywood Reporterは、モモアが『アクアマン』以外の映画に主演する可能性があると記したのだ。一台のバイクで銀河を駆け回る、暴力と殺人をこよなく愛する賞金稼ぎ・ロボを演じるのではないかと。

また、モモアは「DCスタジオ」の共同CEOを務めるジェームズ・ガン&ピーター・サフランに全幅の信頼を寄せているようだ。「僕はガンが大好きだし、彼らはDCで最高の仕事をしてくれています。(映画には)一本限りではなく、もっとたくさん出るつもり」とのコメントからは、役柄がどうなるにせよ、モモアが引き続きDC映画に関与していく意向であることがうかがえる。「僕たちは特別な関係。それ以上のことが言えたらいいのに」

これらの取材に先がけ、モモアはInstagramのストーリーでもDCとの好関係を宣言。『アクアマン』(2018)公開当時を振り返ってのことか、「4年前もワーナー・ブラザース(のオフィス)を出て叫びましたが、4年ぶりです」と前置きしてから、「良い知らせがあります。ワーナー・ブラザースとの最高のニュースです。言いたいけど言えない。ピーター(・サフラン)、ジェームズ(・ガン)、大好きです。デヴィッド(・ザスラフ)も」と興奮を隠さなかったのである。

映画『アクアマン・アンド・ザ・ロスト・キングダム(原題)』は2023年12月25日に米国公開予定で、同作はDC映画の前体制による最後の作品となる。きっと、モモアのDC映画における活躍はその後も続くことになるはずだ。

Checkシリーズ:激震 DCユニバース再編
  1. 1. 【解説】ジェームズ・ガン、DC新リーダーに就任 ─ その経緯とマーベルでの今後について
  2. 2. 【解説】ジェームズ・ガンが新DC公約発表、「ファンの意見聞く」「史上最大の物語を語る」「マルチバース」
  3. 3. DCドラマ・アニメ・ゲームはDC映画とつながる、ジェームズ・ガンが認める
  4. 4. 【ネタバレ解説】『ブラックアダム』エンディングおまけシーンの全て ─ 何が起きたのか?ぜんぶ説明
  5. 5. 映画『ワンダーウーマン3』製作中止
  6. 6. ジェームズ・ガン「全員を幸せにはできない」 ─ 『ワンダーウーマン3』中止報道うけ声明「DCのため尽くすと誓う」
  7. 7. マイケル・キートン版『バットマン』新作映画が頓挫 ─ DCスタジオ新体制の決定、キャットウーマン再登場案もあった
  8. 8. 【解説】『ワンダーウーマン3』中止報道受けパティ・ジェンキンス監督が声明、「事実と異なる」と否定も
  9. 9. スーパーマン新映画が判明、ヘンリー・カヴィル起用されず ─ ジェームズ・ガン自ら執筆中
  10. 10. ヘンリー・カヴィル、スーパーマンに復帰しないと認める ─ ファンにお別れの声明を発表
  11. 11. 『ザ・フラッシュ』スーパーマン&ワンダーウーマンの登場シーンをカットへ
  12. 12. ジェームズ・ガン、誹謗中傷受け一部のDCファンに声明 ─ 過去作すべて終了説を否定
  13. 13. ブラックアダム 、新DCユニバースから外れる ─ マルチバース再登場を示唆
  14. 14. 『シャザム!』ザッカリー・リーヴァイ、動揺するDCファンに「ジェームズ・ガンを信じて」とメッセージ
  15. 15. スーパーマン役の新キャスティング、発表は当面先に ─ 「まだ誰にも決まっていない」とジェームズ・ガン
  16. 16. 「僕はこれからもアクアマン」ジェイソン・モモアが続投表明 ─ ジェームズ・ガンらと面会、別の役柄も示唆
  17. 17. 【全訳】新DCユニバース第1章『Gods and Monsters』大発表 ─ DCがリセット、新作10タイトルと注目ポイント解説

Sources: Variety, Deadline, The Hollywood Reporter, The Direct

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly