Menu
(0)

Search

【大特集】マーベルはディズニー化する?MCUまもなく10周年、これまでの経緯から「次の10年」を大予想!

マーベル次の10年

ウォルト・ディズニー・カンパニーの会長兼CEO(最高経営責任者)、ロバート・A・アイガー氏が、ゴールドマン・サックスの投資家カンファレンスで自社計画を語った。アイガー氏は『スター・ウォーズ』シリーズの今後について話したほか、マーベル映画の今後についてもコメントしたのである。

2008年から始まった「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」は来年(2017年)で10周年を迎える。これまでMCUはどう展開してきたのか、そしてこれからどうなっていくのか……。マーベル&ディズニーが計画している「次の10年」を予想してみたい。

マーベル・シネマティック・ユニバースの「次の10年」

カンファレンスでアイガー氏がMCUに触れた時間はとても短かった。『スター・ウォーズ』のミーティングをルーカス・フィルムと行った、と話した直後にアイガー氏はこう述べている。

「マーベルとも1週間半前に同様のミーティングを行いました。まもなく完成する作品も含め、この10年間で製作・展開した映画について話しましたし、次の10年で何をするかなどについても話し合い始めています」

MCUが10周年を迎える2017年には3本の映画が公開される。そのうち『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.2』は撮影が終了しており、『スパイダーマン ホームカミング』『ソー/ラグナロク』は現在撮影中だ。

さらにマーベルは、2018年に『ブラックパンサー』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』『アントマン&ワスプ』、2019年に『キャプテン・マーベル』『アンタイトルド・アベンジャーズ(仮題)』を公開する。タイトル不明の作品が2019年にもう1本、2020年に2本公開されることも決定済みだ。

つまり「次の10年」のうち、2018年から2020年の3年間は決まっているのである。問題は2021年から2027年だが……ちょっと気が遠くなりそうなので、先にこれまでの作品と今後のラインナップを整理していこう。

https://theriver.jp/marvel-lineup/

2008~2019、12年間を整理する

マーベル・シネマティック・ユニバースはいくつかの「フェイズ」に分かれており、2016年の現在は「フェイズ3」を迎えている。ここでは各フェイズを振り返っていくが、まず大まかにいって、これまでのMCUは「紹介・定着・拡大」で展開してきた。ここにはマーベル&ディズニーの非常に緻密な計画がうかがえる。

[フェイズ1]

  • 『アイアンマン』(2008年)
  • 『インクレディブル・ハルク』(2008年)
  • 『アイアンマン2』(2010年)
  • 『マイティ・ソー』(2011年)
  • 『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年)
  • 『アベンジャーズ』(2012年)

アイアンマンにキャプテン・アメリカ、ソーやハルク。いまやおなじみのメンバーを『アベンジャーズ』でスクリーンに集結させるまでに、マーベルはじつに5年の月日を要している。すなわち過去10年のうち5年がキャラクターの紹介に費やされた、いわば「紹介編」なのだ。作品数はわずか6本、単純計算で年1.2本ペースでしか製作されていないことになる。

[フェイズ2]

  • 『アイアンマン3』(2013年)
  • 『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2013年)
  • 『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014年)
  • 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014年)
  • 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年)
  • 『アントマン』(2015年)

3年間に6作品、年2本ペースで作品が公開されたフェーズ2は「定着編」だ。『アイアンマン』シリーズが完結し、『キャプテン・アメリカ』『マイティ・ソー』の第2作が製作され、アベンジャーズも再集結した。大ヒットした『アベンジャーズ』のメンバーを短期間に活躍させて“おなじみの顔ぶれ”として定着させる意図があったはずだ。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』『アントマン』という新規シリーズを投入し、「マーベルはアベンジャーズだけじゃない」という意志を示すことも忘れていない。

[フェイズ3]

  • 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年)
  • 『ドクター・ストレンジ』(2016年)
  • 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol. 2』(2017年予定)
  • 『スパイダーマン ホームカミング』(2017年予定)
  • 『ソー/ラグナロク』(2017年予定)
  • 『ブラックパンサー』(2018年予定)
  • 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018年予定)
  • 『アントマン&ワスプ』(2018年予定)
  • 『キャプテン・マーベル』(2019年予定)
  • 『アンタイトルド・アベンジャーズ(仮題)』(2019年予定)

フェーズ3は4年間で10本、年に2.5本のペースで作品が製作される予定だ。もはやおなじみのキャラと新規キャラが入り乱れる「拡大編」である。フェイズ1から続く『キャプテン・アメリカ』『マイティ・ソー』や、フェイズ2で始まった『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』『アントマン』の新作のほか、新規シリーズも4本スタートする。

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly