Menu
(0)

Search

ジェラルド・バトラー『エンド・オブ』シリーズ最新作『ナイト・ハズ・フォールン』決定

エンド・オブ・ステイツ
(C)2019 Fallen Productions, Inc.

ジェラルド・バトラーが最強のシークレット・サービスを演じる人気アクション映画『エンド・オブ』シリーズの最新作の原題は『Night Has Fallen』に決定したようだ。米Varietyが伝えた。

『エンド・オブ』シリーズは、これまで『エンド・オブ・ホワイトハウス』(2013)『エンド・オブ・キングダム』(2016)『エンド・オブ・ステイツ』(2019)が公開。ジェラルド・バトラーがシークレット・サービスのマイク・バニング役として、大統領と国家の危機に命がけで立ち向かう姿が人気を呼んでいる。

この度の『Night Has Fallen』はシリーズ4作目。監督と脚本には前作『エンド・オブ・ステイツ』のリック・ローマン・ウォーとロバート・マーク・ケイメンがそれぞれ続投する。プロデューサー陣もシリーズの面々がカムバックする。

製作のMillennium Media代表ジェフリー・グリーンステインが話しているところによれば、撮影は新型コロナウイルスへ対応しながら、2021年中の開始を見込んでいる。ブルガリアのソフィアにあるスタジオと、ヨーロッパ全土で行われるとのこと。現在は主演バトラーとローマン・ウォー監督のスケジュールを調整中。

現実社会ではアメリカ大統領選を経た2021年、今度のマイク・バニングと大統領はどんな危機に見舞われるのだろう。気になるあらすじについては「トップシークレット」ということだ。

Source:Variety

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly