Menu
(0)

Search

スパイダーマンのスピンオフ「シニスター・シックス」映画化企画、消えていなかった ─ プロデューサー「監督の準備を待っている」

スパイダーマン
Photo by Mike Navolta https://www.pexels.com/photo/comic-spiderman-614363/

『スパイダーマン』シリーズの製作陣は、スピンオフ映画「シニスター・シックス」を諦めてはいないようだ。米Vanity Fairの取材によって、「シニスター・シックス」の企画がいまだ存在することが判明している。

シニスター・シックスとは、スパイダーマンの宿敵6名によるヴィラン・チーム。コミックでは1964年に結成され、ドクター・オクトパス、ミステリオ、エレクトロ、クレイブン・ザ・ハンター、サンドマン、ヴァルチャーが初代メンバーとなっていた。

「シニスター・シックス」映画化企画、消えていなかった

映画版「シニスター・シックス」は『アメイジング・スパイダーマン』シリーズの製作時にスピンオフ作品として企画されたが、同シリーズの終了によって実現は見送られている。当時、脚本・監督として『キャビン』(2011)のドリュー・ゴダードが携わっていた。

しかし『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)や『ヴェノム』(2018)のプロデューサーであるエイミー・パスカル氏は、今でも「シニスター・シックス」の映画化に前向きのようだ。Vanity Fairに対して、エイミー氏は現在の状況を語っている。

ドリュー(・ゴダード)が撮れるようになるのを待っています。ドリューと一緒になにかやりたいんですよ。彼がしたいことを教えてくれるのを待っているんです。」

この背景には『ヴェノム』の世界的大ヒットや、アニメ映画『スパイダーマン:スパイダーバース』(2019年3月8日公開)が非常に高い前評判を得ており、早くも相当のヒットが見込まれている現状がある。ソニー・ピクチャーズにとって、スパイダーマンの映画シリーズはいうなれば“稼ぎ頭”なのだ。

2018年10月、ドリュー監督は「シニスター・シックス」について「もしかしたら、いつか日の目を見るかもしれません」語っていた。この発言がなされた時点で、エイミー氏やソニーから何らかのアプローチがあった可能性は高そうだ。
ただしドリュー監督は、現在『デッドプール』シリーズの次回作となる『Xフォース(邦題未定、原題:X-Force)』に参加しているほか、複数のプロジェクトが待機中。「シニスター・シックス」が実現するにせよ、もう少し先の話となりそうだ。そもそもエイミー氏の口ぶりを鑑みれば、別の企画でドリューが起用され、再び企画が水面下に潜ってしまう可能性も否定できない。

その一方で、ソニーは「スパイダーマン」関連の映画作品を多数準備中だ。『ヴェノム』続編の企画が進行しているほか、ジャレッド・レト主演の『モービウス(邦題未定、原題:Morbius)』、女性キャラクターのシルバー・セーブルやブラック・キャット、シルクナイトウォッチクレイヴン・ザ・ハンタージャックポットを扱った作品群が準備されているという。実写作品とは世界観を共有しないが、『スパイダーマン:スパイダーバース』の続編およびスピンオフ映画も進行中だ。「シニスター・シックス」の実現を待つ間にも、多数の作品が次々に登場してくることになるだろう。

Source: Vanity Fair

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly