Menu
(0)

Search

邦題そのまま『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』2019年公開へ ─ 『ホームカミング』続編

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)映画『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)続編が、邦題も原題そのまま『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(原題:Spider-Man:Far From Home)』として2019年に日本公開されることがわかった。同シリーズ日本公式Twitterが発表した。

同作は、トム・ホランド演じる若きスパイダーマン/ピーター・パーカーの成長と活躍を描いた『スパイダーマン:ホームカミング』の続編。前作ではロバート・ダウニー・Jr.演じるアイアンマン/トニー・スタークとの師弟関係が描かれ、ピーターの高校生活にもフォーカスした学園ドラマとしての一面も話題に。ヴィランとなるバルチャーをマイケル・キートンが怪演したことも人気を呼んだ。

この続編の副題『ファー・フロム・ホーム』は、日頃より大事な情報をうっかり漏らしてしまうトム・ホランド本人のキャラクターを逆手に取り、ホランドのInstgram投稿を通じて「うっかり流出」風に発表されていたもの。

『ファー・フロム・ホーム』配給のソニー・ピクチャーズ社長エイミー・パスカルは、今作について『アベンジャーズ4』(タイトル未定)の”数分後”から始まるとも発言しており、マーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギは今作でスパイダーマンが「地球上の別の場所でも過ごすことになる」と明かしている。”ホーム(故郷)から離れて”を意味する”Far From Home”の原題は、邦題ではどのように翻案されるのかファンの注目を集めていたが、原題本来の意味合いや語感を尊重したように、そのままの邦題となったようだ。なお同シリーズは、前作”Homecoming”もそのままの邦題を採用している。

『ファー・フロム・ホーム』は、『ナイトクローラー』(2014)などで知られる人気俳優のジェイク・ギレンホールがヴィランのミステリオ役として出演交渉に入っていると伝えられていたが、早くも同作撮影場所のロンドンで過ごしていることが明らかになっており、出演濃厚として期待を集めていたところだ。監督は、『ホームカミング』に引続きジョン・ワッツが手がける。

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は2019年7月5日に米国公開予定。日本公開の詳細を待とう。

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly