Menu
(0)

Search

スパイダーマンとヴェノム、映画共演に「大きな計画」あり ─ 『ヴェノム』プロデューサーが明かす

ヴェノム
(c) 2018 Columbia Pictures Industries, Inc. and Tencent Pictures (USA) LLC. All Rights Reserved. | MARVEL and all related character names: (c) & TM 2019 MARVEL.

米ソニー・ピクチャーズは、スパイダーマンとヴェノムをいよいよスクリーンで共演させようとしている……のかもしれない。『アメイジング・スパイダーマン』2部作やトム・ホランド版『スパイダーマン』シリーズ、『ヴェノム』(2018)のプロデューサーであるマット・トルマック氏が示唆した。

トルマック氏は米ComicBook.comの取材にて、スパイダーマンとヴェノムが遠からず映画で共演する可能性について「我々には大きな計画があります(We have big plans.)」と発言。現時点で言えることはこれが全てだというが、たった一言にしては、あまりにも大きい一言だろう。“plans”として、すでにいくつもの計画が進んでいるらしい点にも注目しておきたい。


『アメイジング・スパイダーマン』(2012)以来、ソニー製作のスパイダーマン映画に携わってきたトルマック氏は、今後も『ヴェノム2(仮題)』やジャレッド・レト主演『モービウス(原題:Morbius)』でプロデューサーを担当。マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の『スパイダーマン』第3作(タイトル未定)に参加するかどうかは不明だが、いずれにせよ、スパイダーマンとヴェノムの今後について最も多くを知ることは確かだ。

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム
『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』© 2019 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved. | MARVEL and all related character names: © & ™ 2019 MARVEL.

近頃、スパイダーマンとヴェノムの共演を示唆する動きは各所で認められつつある。2019年8月、ディズニー/マーベル・スタジオとソニーがMCU版『スパイダーマン』第3作を正式に発表した際、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は「スパイダーマンは複数のシネマティック・ユニバースを横断するスーパーパワーを持つ唯一のヒーロー」との声明を発表。同年10月、『ヴェノム』監督を務めたルーベン・フライシャーも「すべてがクロスオーバーに繋がっていく」「2人の正面対決に向けて進んでいますし、すごくエキサイティングなものになる」と語ったのだ。

なお『ヴェノム2』では、ヴィランとしてウディ・ハレルソン演じるカーネイジ/クレタス・キャサディのほか、女性キャラクターのシュリークも登場すると伝えられている。監督は俳優としても活躍するアンディ・サーキスが務め、撮影監督は『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(2019)のロバート・リチャードソンが担当。プロデューサーには『X-MEN』映画シリーズのハッチ・パーカーも加わった

映画『ヴェノム』ブルーレイ&DVDは発売・レンタル中。『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』ブルーレイ&DVDは2019年12月4日(水)リリース。

あわせて読みたい

Source: ComicBook.com

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。ビリー・アイリッシュのライブに行きたい。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly