ドラマ『ナイトライダー』ナイト2000、「東京コミコン2017」に再臨!マーベル映画ファンも見逃し厳禁

1980年代に放送され、米国のみならず日本でも高い人気を誇ったドラマ『ナイトライダー』シリーズから、スーパーカー・ナイト2000が「東京コミコン 2017」に登場した。ナイト2000が東京コミコンにその姿を現すのは、2016年の第1回開催につづいて2回目だ。
しかし、この1年で『ナイトライダー』を取りまく環境は一変した。去年は知らなかった人も、きっと今年はナイト2000の存在に目をとめたに違いない。

その大きな一因が、マーベル・スタジオ作品『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017)だ。『ナイトライダー』の主演を務めたデヴィッド・ハッセルホフが同作にカメオ出演し、若い観客からも大きな話題を集めたのである。なお、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』とハッセルホフの関係については以下記事に詳しい。

デヴィッド・ハッセルホフって誰だよ!『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』鑑賞前に知りたい『ナイトライダー』の話

それでは、そうした状況を押さえたうえで、『ナイトライダー』シリーズの顔であるナイト2000を見てみよう!

ナイト2000、幕張メッセに再臨

「東京コミコン 2017」に展示されたのは、前回と同じくナイト2000と、サイン入りのレザージャケット。その車体はもちろんのこと、運転席の中までしっかりと確認できる。

東京コミコン2017

©THE RIVER

東京コミコン2017

©THE RIVER

車両の内部は、計器やモニターまできちんと作り込まれていることがよくわかる。シートの座り心地もよさそうだ……!

東京コミコン2017

©THE RIVER

ナンバープレートは「KNIGHT」。

東京コミコン2017

©THE RIVER

サイン入りレザージャケット

東京コミコン2017

©THE RIVER

東京コミコン2017

©THE RIVER

ちなみにドラマ『ナイトライダー』は、ハッセルホフ主導でリブートの企画が進行しているという。本当に実現するのか、いつになるのかは不明だが、監督候補に『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのジェームズ・ガンロバート・ロドリゲスといった名前が挙がっている状況だ。ナイト2000を目に焼きつけたあとは、こちらの続報にも注目しておこう。

 

東京コミコン開催概要

東京コミコンは、スタン・リー氏とApple共同創業者の1人スティーブ・ウォズニアックによって実現した。第二回開催となる今回は、スティーブ・ウォズニアック氏、マッツ・ミケルセン氏カール・アーバン氏ネイサン・フィリオン氏スタン・リー氏マイケル・ルーカー氏の来日が発表されている。

日程:2017年12月1日(金)~2017年12月3日(日)

場所:幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区中瀬2-1国際展示場 9・10・11ホール)

東京コミックコンベンション公式サイト:http://tokyocomiccon.jp/

前売入場券はチケットぴあ、ローソンチケット、イープラスにて販売中。

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。