Menu
(0)

Search

2021年トロント国際映画祭、ラインナップ第1弾が発表 ─『デューン 砂の惑星』やエドガー・ライト新作、『THE GUILTY/ギルティ』リメイクなど

DUNE/デューン 砂の惑星
©2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

アカデミー賞の前哨戦とも言われる映画祭のひとつである、トロント国際映画祭この度、2021年9月9日〜18日にかけて開催される本年度の出品作が早くも一部発表された。

前年度は、クロエ・ジャオによる『ノマドランド』(2020)が、ヴェネツィア国際映画祭につづき最高賞を受賞して幕を閉じた。コロナ禍の影響により、例年より本数も少なく、劇場収容人数を限定し、屋外の劇場やドライブインシアター、オンラインでのデジタル上映を活用するといった方法で開催。例年どおりの開催を断念せざるをえなかった前年度だが、本年度では通常通りの開催を目指して現在は準備が進められているとのことだ。

このたび出品作として発表されたのは12作品。ドゥニ・ヴィルヌーヴDUNE/デューン 砂の惑星』(2021年10月公開)をはじめ、エドガー・ライトLast Night in Soho(原題)』、ケネス・ブラナー『Belfast(原題)』、セリーヌ・シアマ『Petite Maman(原題)』、アントワーン・フークアによる『THE GUILTY/ギルティ』ハリウッドリメイク版など、世界を代表する映画監督たちの新作が勢揃いしている。『デューン』は、ヴェネツィア(2021年9月1日〜11日)で先にお披露目となり、トロントではIMAXでのプレミア上映が行われるようだ。また『Petite Maman』は、ベルリン国際映画祭に続いての出品となる。

そのほか、フィリップ・ノイス『Lakewood(原題)』、アリソン・クレイマンによるアラニス・モリセットのHBOドキュメンタリー『Jagged(原題)』、メラニー・ロラン『Le Bal des Folles(原題)』、セオドア・メルフィ『The Starling(原題)』、エリック・ワリン&タヒル・ラナ『Charlotte(原題)』、デイブ・ウーリー&デヴィッド・ヘイルブロナー『Dionne Warwick: Don’t Make Me Over(原題)』、ダニス・グーレ『Night Raiders(原題)』の出品が発表された。すでに注目作ばかりが並んでいるが、これでもまだまだ序の口だろう。全作品の発表に期待が高まるばかりである。

あわせて読みたい

Source: IndieWire

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly