Menu
(0)

Search

『ワンダーウーマン 1984』続編、第3作が進む時代とは、ガル・ガドットが見解示す

ワンダーウーマン 1984
© 2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC Comics

コロナ禍の影響により大打撃を被ったハリウッドより、2020年最後の大作として公開された映画『ワンダーウーマン 1984』。本作に続く『ワンダーウーマン』シリーズとして、すでに第3作やスピンオフ作品の製作が決定している。第1作が1910年代、第2作が1980年代と展開されてきたダイアナ・プリンス/ワンダーウーマンの次なる物語は、どこに進むのだろうか。

第2作製作当時から水面下で構想が練られていた第3作は詳細こそ不明であれ、完結編として進められていることがわかっている。このたび、米MTV Newsより「もし(第3作が)製作されれば、他の時代になるのでしょうか?」と訊かれた主演のガル・ガドットが自身の見解を回答。「現在がふさわしいかと思います」と答えた。

『ワンダーウーマン』で60年代とか40年代に進むことは無いと思います。過去も(『1984』で)良い感じに扱われましたけど、今はもう先(の時代)に進む時だと思います。

厳密に言えば、ワンダーウーマンはすでにその姿を見せている。2015〜2017年の地球で物語が展開される『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)『ジャスティス・リーグ』(2017)にて、ジャスティス・リーグの一員として活動するのだ。“現在がふさわしい”と語るガドットは“先に進む”ことを望んでいるということだから、『ワンダーウーマン』第3作は『ジャスティス・リーグ』以降のタイムラインとなり得るだろう。

ところで以前、第3作を率いるパティ・ジェンキンス監督は、企画について「はっきりした計画」があることや「物語がどのように終わるべきなのかは分かっています」と明かしていた。その一方で、初期構想に基づきながらも、コロナ禍に苦しむ実世界の様相を第3作に反映させることを2020年6月に示唆。それから約半年後の12月には「ストーリーを思いついた」「やる気に燃えるような『ワンダーウーマン3』の全体の物語をあみ出した」と、企画が前進していることをジェンキンス監督は報告している。自身の監督続投については「私が次を撮るとは思いません」というのが、現状であるようだ。

なお、第3作企画と同時に、シリーズに登場するアマゾン族のスピンオフ映画も進められている。これは2019年12月時点に発表されたもので、企画の存在と共に脚本作業が進んでいることが判明済みだ。メインシリーズを手がけてきたジェンキンス監督は製作総指揮としての参加となり、主演のガドットは出演しないと伝えられている。また、米ScreenRantが伝えたところによれば、本作は「ダイアナがアマゾン族の島セミッシラを去った後、『ワンダーウーマン』と『ワンダーウーマン 1984』の間で起こる紆余曲折」が描かれるという。正式な撮影開始時期については、2020年11月時点で未定とのことだ。

Source: MTV News, Cinema Blend, Screenrant

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

モーリタニアン 黒塗りの記録

【レビュー】『モーリタニアン 黒塗りの記録』シリアスと娯楽性のバランス ─ カンバーバッチも自ら出演志願した理由とは

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

Ranking

Daily

Weekly

Monthly