Menu
(0)

Search

『ブラックパンサー』監督、続編にも登板有力か ― 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』鑑賞済みだった

ブラックパンサー
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータイメージ

2018年、映画ブラックパンサーは全世界に衝撃を与えた。マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)10年間の集大成となる『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を控えて、米国興行収入でヒーロー映画史上最高の大ヒットを記録。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)、『アバター』(2009)に次いで、史上第3位の興収記録を打ち立てたのだ。

黒人ヒーローを主人公とするMCU史上初の作品となった本作は、キャスト・スタッフの主要メンバーを黒人で固めたことも大きな特徴だった。その筆頭者として実力を存分に発揮したのは、『クリード チャンプを継ぐ男』(2015)でも高く評価されたライアン・クーグラー。今、そのライアン監督が『ブラックパンサー』続編に再登板する可能性が有力となりつつある。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は、ごく限られた関係者しかその全貌を知らないという超秘密主義が貫かれた作品だ。アンソニー&ジョー・ルッソ監督によれば、ライアン監督はすでに本作を観ているのだという……。

英ODEの取材にて、ジョー監督はMCU作品のクリエイターの数人が『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を観ていることを明かした。

ジェームズ・ガン、ジョン・ワッツ、ライアン・クーグラーには現時点でこの映画を観てもらっています。(MCU作品に)関わらなければならない人たちですし、この映画が彼らのストーリーに影響を与えていますので。」

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズを手がけ、本作にも製作総指揮として携わったジェームズ・ガンは、すでに自身のTwitterで本作を鑑賞したことを報告済みだった。『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)のジョン・ワッツ監督は、2019年7月に米国公開予定の続編でもメガホンを取ることが決まっている。同作は『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル未定)の数分後から始まる物語になるといわれているだけに、内容に強い関連性があることは間違いないだろう。

2018年4月現在、『ブラックパンサー』の続編については、マーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギが「絶対にやる」「方向性も決まっている」述べただけで詳細は不明。おそらく企画の初期段階とみられるが、ライアン監督が『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を観たということは、今後も引き続き登板する可能性は高いだろう。なにせルッソ監督が本作の製作中にコミュニケーションを取っていたという、『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)のタイカ・ワイティティや『アントマン&ワスプ』のペイトン・リードですら本作をまだ観ていないのである……。

おそらくブラックパンサーは、『アベンジャーズ』第4作以降、MCUの「フェイズ4」を牽引していく重要人物の一人となる。ルッソ監督いわく、フェイズ4には『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)から始まったフェイズ3とは劇的な違いがあるとのことだが、これからユニバースはどこへ向かっていくのだろうか?

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー。『ブラックパンサー』は2018年3月1日より全国の映画館で公開された。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』公式サイト:http://cpn.disney.co.jp/avengers-iw/

Source: ODE
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータイメージ

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly