Menu
(0)

Search

【最速レビュー】『DUNE/デューン』全身全霊をかけた究極の映像体験、いま問われる「映画の力」

DUNE/デューン 砂の惑星
©2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

2020年代。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大は、100年以上にわたって続いてきた“映画”という芸術形式に根本的な1つの問いを投げかけた。「映画とは、映画館で観るものなのか?」と。

ストリーミングサービスの興隆もあり映画の在り方への解釈に変容が見られる今、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が新たに手がけたDUNE/デューン 砂の惑星』は、映画館でしか味わうことの出来ない“映画の力”を再提示した作品だ。心を打つようなストーリー、作品に精魂を注いだ映画監督の気概、そして異世界への没入感。ひと足早く『DUNE/デューン』の興奮に触れた筆者は、この3つの構成要素が融合した“究極の映画体験”を文字通り身をもって体感したのである。

ビジュアライズすることが最も困難と言われるSF小説待望の再映画化であることや、ティモシー・シャラメをはじめハリウッドの豪華キャストが揃った本作を待ちわびるファンは多いだろう。本記事では、そのような方々のためにも世界最速のレビューをお届けしたい。当然のことながら、公式から出されているあらすじの範囲を超えないようにしながら、そのスゴさをお伝えしよう。

原作からそのまま飛び出した世界

本作を実現させる上で必要不可欠だったと感じるのはSF作家フランク・ハーバートによる原作小説だ。日本向けに行われた記者会見の場でドゥニ・ヴィルヌーヴ監督は、小説をもとに自ら脚色した脚本を「バイブル(聖書)」とまで呼び、撮影現場では宣教師さながら、キャスト&スタッフに対して『DUNE/デューン』の布教に努めたと明かしていたが、本編を観ると原作小説がどれだけ重要な要素であったかを実感させられる。

ここで原作小説を読まれたことのない方は「そんなの分かりようがない」と思われるかもしれない。しかし、“小説が重要な要素だった”というのは、言い換えれば“小説の世界がそのまま映像によって映し出された”ということでもある。専門用語が連続する活字が、輝き溢れる壮観なビジュアルへと大変身を遂げ、個性あふれるキャラクター一人ひとりは過去の映像作品とは全く異なる解釈で良い意味でエキセントリックに具現化されているのだ。もちろん小説を読むに越したことはないだろうが、それは他の作品にも言えること。原作に目を通していない方でもDUNE/デューン』の世界に身を任せ、壮大な世界観にどっぷりと浸れることは間違いない。

 DUNE/デューン 砂の惑星
©2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

小説『デューン/砂の惑星』は1965年、遡ること56年前に出版されたSFクラシック。名家の後継者として砂の惑星アラキスを治めていくことになる少年ポール・アトレイデスの成長譚は、ベトナム反戦運動に参加した若者たちが発祥とされるヒッピーカルチャー黎明期のアメリカに彗星のごとく現れた。第二次世界大戦後の40年代後半から冷戦真っただ中の60年代にかけて、異彩を放ち新たな価値観を提供した作家たちはビート・ジェネレーション、その価値観を実践した人々はビートニクと呼ばれたが、『デューン/砂の惑星』はまさにその時代の最後にオルタナティブな世界を差し出したのだ。

そして、現代。いよいよ公開となるヴィルヌーヴ監督の『DUNE/デューン』は、60年代の若者がハーバートの小説と未知との遭遇を果たしたように、2021年に生きる我々を新世界にトリップさせてくれる。緑に溢れた世界から一転、砂に覆われた惑星の統治を宇宙皇帝から命じられたアトレイデス家。神話的存在である巨大生物サンドワームとそれを崇めるミステリアスな先住民たち。宇宙を支配するために容赦なく裏切る悪党一族。こうした世界は、環境破壊や企業の搾取、先住民問題といった社会問題を抱えた現代へのアナロジーとして通じるところも多分にある。

『DUNE/デューン 砂の惑星』
©2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

ドゥニ・ヴィルヌーヴの気概をみよ

本作は、ヴィルヌーヴ監督無しには成立しなかった作品でもある。少年時代、ハーバートの小説に出会ったヴィルヌーヴ監督は、ポールに課せられた運命に強く心を揺さぶられ、共感を抱いた。その時の小説体験を映像に昇華すべく、ヴィルヌーヴ監督は2010年の『灼熱の魂』ぶりに自らペンを執ったのである。

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly