Menu
(0)

Search

エリザベス・デビッキ、『TENET テネット』キャット役までの活躍を総振り返り ─ 『華麗なるギャツビー』からマーベル映画まで

エリザベス・デビッキ  Elizabeth Debicki
Abaca Press/Marechal Aurore/Abaca/Sipa USA/Newscom/Zeta Image

クリストファー・ノーラン監督待望の最新作『TENET テネット』(2020)で、ジョン・デイビッド・ワシントンやロバート・パティンソンと共に主要キャラクターの1人を演じた女優エリザベス・デビッキ

ケネス・ブラナー演じる悪役セイターの妻で、絵画鑑定士としての顔も持つキャット役で一際脚光を浴びているデビッキには、カメレオン女優としての定評もある。ノーラン監督がデビッキの過去作を観た際、見た目や話し方を自在に操るその技術ゆえに「同一人物とも思わなかった」と驚いたほどだ。

TENET テネット
© 2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

本記事では、これまで数々のハリウッド話題作に出演を重ねてきたデビッキの魅力を代表作と共に振り返る。

幼少時代はバレエ一筋、女優の道は大学から

1990年フランス・パリ、デビッキは共にバレエダンサーだったポーランド人の父親とアイルランド系オーストラリア人の母親の間に生まれる。5歳の時にオーストラリア・メルボルンへ移住。後にバレエと出会い、大学で演技の道に進むまでバレリーナとしての訓練を受けていた。

かつて英Vogueに「自分は怠けたバレリーナだった」と謙遜していたデビッキだが、自身を実力派女優に導いた“ストイックさ”は、バレエでの経験からしっかり学び得ていたようだ。豪Daily Mail Australiaに「バレエには規律を重んじる精神がある」「ああいう風に鍛えられると心構えにも影響を与える」と語るデビッキ。バレエや演技に通じる“規律”を失うと進化が妨げられるという、自身の信念も明かしている。

豪メルボルン東部にあるHuntingtower Schoolに通ったデビッキは、2007年に同校を主席で卒業。殊に英語と演劇で申し分のない成績を残した。その後、メルボルン大学ヴィクトリアン・カレッジ・オブ・ジ・アーツで演技を学んだデビッキは、優秀な生徒にのみ与えられる奨学金を取得するなど、学業に打ち込んだ。

女優デビューを飾ったのは、2011年公開のオーストラリア映画『A Few Best Men(原題)』。同作では秘書役を演じた。約2年後の2013年、出演2作目にして『ロミオ+ジュリエット』(1996)『ムーラン・ルージュ』(2001)などで知られるバズ・ラーマン監督の『華麗なるギャツビー』の主要キャストに抜擢される。

『華麗なるギャツビー』を皮切りに、ハリウッド大作や話題作への出演を重ねてきたデビッキ。ここからは彼女の代表作をピックアップして、『TENET テネット』に至るまでの活躍の軌跡を辿っていきたい。

『華麗なるギャツビー』(2013)

バズ・ラーマン監督、レオナルド・ディカプリオ主演のラブロマンス作品。20世紀前半「失われた世代」に属したアメリカの作家F・スコット・フィッツジェラルドによる同名小説を原作としている。

当時まだ無名だったデビッキにとって出演のきっかけとなったのは、ラーマン監督のオフィスに届けられた彼女のオーディション映像。これを見た監督は、デビッキをハリウッドで行われるオーディションに呼び寄せたのだそう。デビッキは、主演のディカプリオやトビー・マグワイアらと共にスクリーンテストを受けて、物語のキーパーソンの1人ジョーダン・ベーカー役の座を見事射止めた

名だたる俳優陣とのスクリーンテストについて、デビッキは「最初はすごく圧倒されました」と話す。役を得た後、しばらくは夢うつつの気分だったのだろう。「飛行機で帰っている時でさえ、“これは実際に起きたことなんだ”と言い聞かせなくてはなりませんでした。非現実的でしたから」とも話している。

そんなデビッキは、出演2作目とは思えない程の堂々とした演技を披露している。デビッキ演じるジョーダンは、ギャツビー(ディカプリオ)とトム・ブキャナン(ジョエル・エドガートン)、両者と顔見知り。狂言回しのニックを除き、物語のヒロインであるデイジー(キャリー・マリガン)を巡る争いで唯一の中立的立場にいる難しい役どころなのだ。デビッキの演技には、「クールな自信を放っている」と米Indiwireが絶賛している他、オーストラリア映画テレビ芸術アカデミー賞は、彼女に助演女優賞を贈っている。

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly