Menu
(0)

Search

『ワイルド・スピード』第10作に新キャスト、後任監督も正式決定 ─『ジャック・リーチャー』ドラマ版主演俳優が初参戦

Alan Ritchson アラン・リッチソン
Photo by Count3D from Vancouver, Canada https://commons.wikimedia.org/wiki/File:RTX_2015_-_Alan_Ritchson_(20515034372).jpg

ワイルド・スピード』シリーズ最新作『FAST X(原題)』に、新たな出演者が発表された。あわせて、ジャスティン・リン監督の後任が正式決定している。

Deadlineによると、このたびシリーズ第10作への出演が明らかになったのは、実写映画版『ミュータント・タートルズ』シリーズやドラマ「Titans/タイタンズ」(2018-)などのアラン・リッチソン。『ジャック・リーチャー』ドラマ版の主人公役としても知られている俳優だ。本作で演じる役どころについては伝えられていない。アクション作品に数多く出演している俳優なだけあって、ハンドルさばきにも期待できそうだ。ちなみにリッチソンは本報道に反応しており、「自動車保険に影響を与えなければいいですけど」と冗談を述べている。

この投稿をInstagramで見る

Alan Ritchson(@alanritchson)がシェアした投稿

2022年4月27日、『FAST X』撮影1週目にして、ジャスティン・リン監督の降板が発表され、その約1週間後には、『インクレディブル・ハルク』(2010)や『トランスポーター』シリーズなどのルイ・レテリエが後任として契約交渉中と報じられていた。今回の報道では、レテリエが正式に後任監督として決定したこと、およびメインユニットの撮影が再開されたことも判明している。

20年の歴史に終止符が打たれる『ワイルド・スピード』は、完結を2部作構成で迎える。そんな本作のキャストには、ヴィン・ディーゼルをはじめとするおなじみのファミリーの復帰に加え、『アクアマン』シリーズなどのジェイソン・モモアと、『ルーム』(2015)『キャプテン・マーベル』(2019)などのブリー・ラーソンがシリーズに参戦することが決定済みだ。

映画『FAST X(原題)』は、2023年5月19日に米国公開予定。

Source:Deadline

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly