Menu
(0)

Search

『ワイルド・スピード』第9作にシャーリーズ・セロンとヘレン・ミレンが再出演へ ─ サイバーテロリスト、サイファーと最強の母ちゃんが帰ってくる

© Universal Pictures

ヴィン・ディーゼル主演、『ワイルド・スピード』シリーズの第9作(タイトル未定)に、シリーズ前作『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017)よりシャーリーズ・セロンとヘレン・ミレンが再出演することがわかった。

『ICE BREAK』でシャーリーズ・セロンが演じたのは、悪役として登場したサイバーテロリストのサイファー。ドミニクを掌握してファミリーに危機を招いた。野望のためなら手段を選ばない、美しく冷酷なヴィランだ。


ヘレン・ミランは、ルーク・エヴァンスとジェイソン・ステイサムが演じたショウ兄弟の母、マグダレーン・ショウを演じた。任務にも手を貸した最強のお母ちゃんだ。演じるヘレンは、大英帝国勲章も受勲した大御所である。2019年8月2日に日米同時公開予定のスピンオフ作品『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』にも出演する。

この情報は、主人公ドミニクを演じるヴィンのInstagram投稿にて明かされたもの。「『ワイルド・スピード』9作目の撮影3週目。ここ現場には、オリジナル・キャストもたくさんいます」と続く形で、シャーリーズとヘレンの名が口にされた。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Vin Dieselさん(@vindiesel)がシェアした投稿

『ワイルド・スピード』シリーズ第9作は、2019年6月より撮影が開始されたもの。WWE出身の人気レスラーであるジョン・シナも出演する。ヴィンやタイリース・ギブソンとの確執が伝えられていたルーク・ホブス役のドウェイン・ジョンソンは出演せず、シリーズ最新作『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』(2019年8月2日公開)でドウェインとダブル主演を務めているデッカード・ショウ役のジェイソン・ステイサムも登場しないとみられている。ほか、女性ダンス&ボーカルグループFAKYの元メンバーとして日本での活動実績もある日系女優のアンナ・サワイも出演。監督は『ワイルド・スピード』第3~6作を手がけたジャスティン・リン

『ワイルド・スピード』第9作は、2020年5月22日より米公開予定。

Source:vindiesel

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly