Menu
(0)

Search

映画『グリーン・ランタン・コァ』企画生きていた ─ ジェフ・ジョンズが脚本を2019年内に完成へ

グリーン・ランタン
© Warner Home Video 写真:ゼータ イメージ

2017年に企画の存在が伝えられて以来、長らく続報が途絶えていた映画『グリーン・ランタン・コァ(原題:Green Lantern Corps)』の準備が今なお進行中であることが判明した。米Varietyが伝えている。

DCコミックスの『グリーン・ランタン・コァ』映画化の噂はかねてより囁かれており、2017年夏には『ワイルド・スピード』シリーズのタイリース・ギブソンがジョン・スチュワート役で米ワーナーと話し合いを進めていたことも分かっている。その後DC映画ユニバースは、2017年秋公開の『ジャスティス・リーグ』の成績が計画通りに振るわなかったことで製作陣営を再編。『グリーン・ランタン・コァ』企画も見直しがなされ、将来が不透明になっていた


時は流れ2018年6月、DCエンターテインメントの会長およびチーフ・クリエイティブ・オフィサーを務めていた、コミックライター兼プロデューサーのジェフ・ジョンズ氏が幹部職を退任。自身の新会社を設立し、『グリーン・ランタン・コァ』を含む作品の脚本・製作を担うことになっていた。

それから暫くあって、2019年11月。VarietyがDC映画の一連の近況を明らかにした記事の中には、『グリーン・ランタン・コァ』への言及もあったのだ。伝えられる所によると、本企画は現在も優先事項のまま存続中。作業は着々と進んでおり、ジェフ・ジョンズが2019年内までに脚本を完成させる運びだという。

新風もある。スタジオとのファースト・ルック契約を結んでいたJ・J・エイブラムス率いるBad Robotの元にも本企画が持ち込まれ、関心があればプロデュースに加わる可能性があるというのだ。

なおグリーン・ランタンは、米ワーナー・メディアの映像配信サービス「HBO Max」にてテレビドラマ化の企画も始動している。このドラマでプロデューサーを務めるのは「アローバース」や、「タイタンズ」(2018-)といったDCドラマで知られ、ジェフ・ジョンズとも製作パートナーにあるグレッグ・バーランティで、グレッグが映画『グリーン・ランタン・コァ』に関与する見立てもある。

グリーン・ランタンは、ライアン・レイノルズ主演で描かれた2011年の同名映画の評判が振るわなかった過去がある。本企画が実現すれば、およそ10年ぶりとなるファン待望の新作となるだろう。

Source:Variety

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly