『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』には新旧キャラが続々登場!「予想外」のサプライズたっぷり、監督が明言

マーベル・シネマティック・ユニバース作品の集大成、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』には観客が予想できないキャラクターが多数登場することになるらしい。本作を手がけるアンソニー&ジョー・ルッソ監督が明かした。

本作および『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)は、2008年『アイアンマン』から始まったマーベル・シネマティック・ユニバースの“一区切り”となる。複数の映画を貫く物語がクライマックスを迎え、すなわち第一部完結ともいうべき展開となるのだ。そこで多くのファンが単純に疑問だったのは、本作に新キャラクターは登場するのか、それとも一切登場しないのかという点だった。
この件について、これまで『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』ドラックス役のデイヴ・バウティスタや“レジェンド”スタン・リーは新キャラクターの登場を示唆していたが、ブラックパンサー役のチャドウィック・ボーズマンは「新しいキャラクターはいない」と述べてきたのである。

「予想外のキャラクター」とは


CNETのインタビューに登場したアンソニー&ジョー監督は、インタビュアーからの「予想外のキャラクターは出てきますか? ヒントをもらえませんか?」という質問に快く応じている。

ジョー: 予想外のキャラクターはたくさん出ますよ。この映画には、ほかの作品以上に多くのサプライズを詰め込んでいます。キャラクター同士の交流や新たに登場するキャラクターこれまで少しだけ登場したキャラクターが、この映画を非常に充実させていくわけです。多くの人に楽しんでもらえるよう、何もバラしたくないですね。でも、サプライズの多くは予想できると思いますよ。

すなわち『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』には新キャラクターだけでなく、過去作品の脇役も登場してくるというわけだ。すでに『アベンジャーズ』第4作には“あのキャラクター”が再登場すると報じられているだけに、もはや公開前に全作品の復習は必須といっていいだろう。そういえば、かねてより合流が期待されているドラマシリーズのキャラクターは「予想外」のうちに入っているのだろうか……?

映画『アベンジャーズ』第4作、思わぬキャラクターが衝撃の再登場か ― 米報道

史上空前の群像劇、監督の思惑は

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』には61~62人のキャラクターが登場し、ブラック・ウィドウ役のスカーレット・ヨハンソンによれば1シーンに32人もの人物が集合する場面もあるという
これまで『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014)や『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)で群像劇に近いストーリーを見事に演出してきたアンソニー&ジョー監督は、この“史上空前の群像劇”にどう挑んでいるのだろうか?

アンソニー: ジョーと私はずっと群像劇のストーリーテリングに魅力を感じてきました。複数のキャラクターの視点から物語を語ったり、物語について考えるのが好きなんです。多層的で、厚みのあるストーリーを作る方法ですよ。何度も観ることで発見できるものがたくさん生まれて、きっと繰り返し観つづけられるストーリーになると思います。

 

ジョー: 大成功したシリーズから、それぞれ歴史のあるキャラクターが集まっています。いろんな作風とスタイルをもって、ひとつの映画に集結しているんです。魅力的ですよ。どうやってすべての作風を組み合わせるのか、すべてのキャラクターを出会わせるのか……脚本家ルームではまるでマッド・サイエンティストのようでしたね。

おなじみのキャラクターから新キャラクター、そして思わぬキャラクターまであらゆる登場人物を抱えての集大成がお目見えするまで、実はもう半年を切っている…!

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー

Source: https://www.cnet.com/news/avengers-infinity-war-russo-brothers-interview/
© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。