Menu
(0)

Search

「『キャプテン・マーベル』の予告編よこせ!」 ─ 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ハイテンション抗議の兄ちゃん達が帰ってきた

アイツらが帰ってきた!

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』公開前、予告編映像がなかなか解禁されないとして、マーベルに対して(パロディの)抗議動画を公開していた、パリ在住のカーク・デヴィーク氏とジュリアン・キールマークラッジ氏の二人を覚えているだろうか。

このカーク氏とジュリアン氏は、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』予告編動画の早期公開を訴え、2017年10月7日よりメッセージ・ビデオの連続投稿を開始。マーベル・スタジオ製作社長らに対し、「DAY8」の公開までに『アベンジャーズ』予告編動画を解禁すること、および同作のプレミア・イベントへの招待を要求していた。(記事まとめ一連の動画はTwitterでファンを中心に反響を呼び、「DAY3」動画内では当メディアTHE RIVERへの言及も行ってくれていた。

このユニークな熱意が実り、2人は米ロサンゼルスで開催された『インフィニティ・ウォー』ワールドプレミアに招待。現地での映像や、スタン・リーとの2ショット写真を撮る様子などを公開していた。

こうして、カーク氏とジュリアン氏の夢と憧れは叶い、2人は役目を終えた…と思いきや、今度は『キャプテン・マーベル』の予告編映像公開のため、お馴染みのハイテンションと共に帰ってきた。しかも、どうやらメンバーも増えている?

これまで同様、「これは遊びじゃないぞ!」の絶叫で熱く訴えるカーク氏とジュリアン氏。今回もチープな強盗風マスクは健在、緑地のような場所で撮影されているが、これは映画撮影の名門パインウッド・スタジオ(アトランタ)だ。

この映像の公開直前には、わざわざTHE RIVER編集部に「明日『キャプテン・マーベル』のキャンペーン動画を公開するよ!」とメッセージを送ってくれたカーク氏(@KirkDeveyck。御本人の許可を得て、以下に動画の日本語訳を掲載しよう。

「これはマーベルへのメッセージだ!」「マーベル!」「マーベル!」

「『キャプテン・マーベル』の予告編よこせ!」「今すぐ!」

「まだかよ!」「まだかよ!」

「あとどんだけ待てばいいってんだよ!」「どんだけ!」

「俺らはな、この予告編をな、ずーっと待ってんだぞ!」「YEAA!」

「俺らがマーベル・ファンじゃないとか言うんじゃねぇぞ?」

「コミック・ブックだってこんなに持ってる!」

「『キャプテン・マーベル』は初めて女性が主人公になるスーパーヒーロー映画なんだぞ!(マーベルの)」

「いや、ワスプがいるけど」「いや、ちが…、いや」

「若い女の人が!女性のスーパーヒーロー映画を観る!」

「もう男ばっかりの映画には飽き飽きだ!」

「今度の『キャプテン・マーベル』は、俺たちのためにもやって来る!」「俺たちに!」

「予告編を公開しろ!」「公開しろ!」「今すぐ公開しろ!」

「『キャプテン・マーベル』は、女のためだけじゃない!男たちのためでもある!」

「女にはさ!イケメンが出てくる映画がいっぱいあっただろ!」

「ロキ!ピーター・パーカー!ソー!」

「ついに俺たちにも、綺麗で強い女性主人公が現れたんだ!」

「ピーター・パーカーの腹筋!」「もういいわ!」

「ビジョンの腹筋!」「もういいわ!」

「ソーの腹筋!」「もういいわ!」

「腹筋はもういい!」

「主演の子の話しようぜ!ブリー・ラーソン!」「ブリー・ラーソン!」

「めっちゃいいやん!」「ブリー・ラーソン!」

「俺たち『21 ジャンプストリート』(2012)の頃からファンなんだよ!」「ブリー・ラーソン!」

「俺たちが好きなのは?」「ブリー・ラーソン!」

「俺たちが欲しいのは?」「ブリー・ラーソン!」

「『キャプテン・マーベル』のプレミアで彼女のお供をしたい!」「そうだぜ!」

「プレミアの間、俺たちが彼女の雑用をしたい!」

(ジュリアン氏、フランス語で何かを訴える)

「フランス語は話さんでいい!」「フランス語はもうええわ」

「予告編ください!」「今すぐください!」

「ブリー・ラーソンの起用が発表されたのは2016年だったな!」

「今は何年だ?」「2018年!」

「何だと?今は何年だ?!」「2018年!」

「そうだよな!映画の公開は(2019年)3月だろ?今は何月だ?!」「8月!」

「貴様!今は何月だ?!」「8月です!」

「何で!未だに!予告編が出ないんだ!」

「予告編を公開しろ!」「9月にだ!」

「ファンのみんな、真面目に考えて欲しい!」

「#MARVELFANSUNITED !」「#MARVELFANSUNITED !」

「これを拡散してくれ!」

「ブリー・ラーソンにも観て欲しい!マーベルにも観て欲しい!」

「9月の第1週目に予告編を公開してくれ!」

「それか少なくとも…1週目!」

「猶予は1週間だぜ!」

「待ってるぜ、マーベル」

ノリと勢いだけで押し切るカーク氏とジュリアン氏だが、彼らの声は決して無視できない。本動画中にも発言されたハッシュタグ「#MARVELFANSUNITED」は『インフィニティ・ウォー』当時、世界中のマーベル・ファンの間で広く拡散。彼らによる一連のバズはいよいよ無視できないものとなり、米ディズニー・デジタル・マーケティング・ディレクターのダスティン・サンドヴァル氏、さらには『インフィニティ・ウォー』監督のルッソ兄弟までもがSNS上での反応を見せていたのである。

なお、熱い主張を叫び終えたカーク氏は、最後に「大事な話があります。どうか聞いて下さい」と真剣なトーンに切り替わる。「ケイラは脳腫瘍を患っています。あと6ヶ月しか生きられません。唯一の望みは、『アベンジャーズ4』がどうなるのかを知ることです」と述べたカーク氏は、 #avengers4keira のハッシュタグキャンペーンも紹介した。

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の第22作、映画『キャプテン・マーベル』は、2019年3月8日に米国公開予定。2018年7月6日(米国時間)に本撮影を終了した。カーク氏お目当ての予告編映像についてだが、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は、2018年6月下旬、本作の映像公開には「数ヶ月かかると思います」述べている。

『キャプテン・マーベル』でタイトルロールを演じるのは、『ルーム』(2015)でアカデミー主演女優賞を受賞したブリー・ラーソン。そのほかジュード・ロウや『ローグ・ワンスター・ウォーズ・ストーリー』(2016)のベン・メンデルソーンといった魅力的な顔ぶれが初登場するほか、MCUのキーパーソンであるニック・フューリー役のサミュエル・L・ジャクソン、フィル・コールソン役のクラーク・グレッグらが再登板。1990年代を舞台とする本作で、サミュエルは全編デジタル処理によって25歳若返るという。

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly