Menu
(0)

Search

『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』マイケル・B・ジョーダンがタイトルを称賛 ─「最高です」

ブラックパンサー
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータイメージ

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)による『ブラックパンサー』(2018)の続編映画の原題が、『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー(Black Panther: Wakanda Forever)』に決定した。このタイトル発表を受けて、マーベルファンは歓喜に溢れていたが、前作の出演者のひとりも同様に喜びの声をあげている。

このたび、『ブラックパンサー』でキルモンガーにふんしたマイケル・B・ジョーダンが、『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』というオフィシャル・タイトルに言及。米Varietyのインタビューにてタイトルについて告げられたところ、ジョーダンは「最高です。気に入りました」と満足している様子だ。

『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』では、ティ・チャラの新たな物語が描かれる予定だったが、2020年8月、ブラックパンサー/ティ・チャラにふんしてきたチャドウィック・ボーズマンが大腸がんのため逝去。マーベル・スタジオはチャドウィックの逝去を受け、デジタル復活および代役を立てない方針を公式に発表していた。

ジョーダンは「チャドウィックを失ったことで、僕たちは全員、ショックを受けましたどうすれば前に進めるのかを考えること自体、簡単なものではないこともわかっています」と述べている。「だからこそ彼らが、タイトルを決めて、ストーリーを考え出したことは本当に計り知れないことだと思います。ライアン・クーグラーとケヴィン・ファイギが上手く導き出したのでしょう」。

なおキルモンガーは、前作の劇中で悲劇的な死を遂げてしまった。悪役ながら悲しい過去と強い想いに共感する声も多く、一躍人気キャラクターに。そんなキルモンガーの復活を望む声もある中、ジョーダンもまた再演に前向きな姿勢を示していた。「またあの世界にいけるというのは、ある程度、いつでも検討できます」。

Source:Variety

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly