Menu
(0)

Search

【ネタバレ】『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』あの計画は進退の連続だった ─ 「正気を失っていたかも」とトム・ホランド

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

この記事には、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のネタバレが含まれています。

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

スパイダーマン共演計画、立ち消えては浮上して……

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』ではマルチバースが本格的に開いたり、過去シリーズのヴィラン5人が襲来したりとテンコ盛りな内容に。そして、何といってもサム・ライミ版シリーズのトビー・マグワイア、『アメイジング・スパイダーマン』シリーズのアンドリュー・ガーフィールドが世紀のカムバックを果たし、ホランド版ピーターと一致団結して戦う展開は胸熱としか言いようがなかった。

しかし、3世代のスパイダーマンによるコレボレーションは、最初から計画されていたのだろうか?米Comicbook.comのポッドキャスト番組「Phase Zero – MCU」に出演したホランドが、その質問に答えている。

「覚えていません。記憶にないですが、常に僕たち3人が戻って来るという計画はあったと思います。ですが、明らかにスタジオは取引や話し合いをしていたでしょう。なので、それ(スパイダーマン3人が集結する計画)が立ち消えになったり浮上したり、ダメになった後にまた進み出したりといった時期がありました。それに、復帰するよう説得していたヴィラン5人がいましたしね。なので、その会話に僕が参加していなくて本当に良かったです。(その場にいたら)正気を失っていたでしょうから。

もともと、『ノー・ウェイ・ホーム』のヴィランにはクレイヴン・ザ・ハンターが検討されており、過去シリーズのヴィランたちも大々的にフィーチャーされるのではなく、映画のラストにチラっと登場する予定だった。またガーフィールドは、「僕はトビーが出るかどうか、様子をうかがっていたんです」と明かしている。そういった諸々の舞台裏事情を考えると、場合によっては映画が全く違う内容になっていた可能性もある訳で、まさに『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は、様々な要素やタイミングが運命的に引き合わされた“奇跡の産物”と言えるかもしれない。

Source:Phase Zero – MCU

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly