Menu
(0)

Search

トム・クルーズ、名誉飛行士に ─ 『トップガン』の功績受けて

『 ミッション:インポッシブル/フォールアウト』記者会見 トム・クルーズ、サイモン・ペッグ、ヘンリー・カヴィル、クリストファー・マッカリー監督
©THE RIVER

『ミッション:インポッシブル』シリーズや『トップガン』(1986)などで知られる稀代のアクションスター、トム・クルーズが、米海軍より名誉飛行士官の称号を授与された。

トム・クルーズといえば、演技に加えて自らスタントもこなす俳優として知られる。上述の作品ほか、『アウトロー』(2012)『オブリビオン』(2013)『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(2014)など、継続してアクション映画に出演。1994年にパイロットの免許を取得したトムは、新作『トップガン マーヴェリック』(2021年公開予定)にて、自ら戦闘機に搭乗して空撮に挑んだ

Daily Mailによれば、米海軍は35人目となる名誉飛行士官の称号をトムに授与。米海軍パイロットへの多大な貢献が授与理由とされている。あわせて36人目の名誉飛行士官として、『トップガン』2作などのプロデューサーを務めるジェリー・ブラッカイマーが授与された。

ロサンゼルスのパラマウント・スタジオにて開催された授与式には、ブラッカイマーが参加。現在、イタリアにて『ミッション:インポッシブル』第7作の撮影を行っているトムは、リモートにて称号を受け取った。海軍は、「映画史において、1986年のパラマウント・ピクチャーズ製作の映画『トップガン』ほど航空映画を象徴する作品はありません」と発表。「この映画は何百万もの人々を虜にし、海軍航空隊の雇用に対する莫大な効果をもたらしてくれました」と功績を讃えている。

第1作『トップガン』では、現役海軍パイロットの協力により、歴史に名を刻む空撮アクションが実現。約35年ぶりの続編『トップガン マーヴェリック』でも海軍は撮影協力に応じており、トムと海軍の関係は密接に続いている模様だ。去る2020年10月上旬、トムは訓練協力のパイロットたちに向けて「真のヒーロー」と公の場で敬意を示している

映画『トップガン マーヴェリック』は、2021年7月2日米公開予定。

あわせて読みたい

Source: Daily Mail

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly