Menu
(0)

Search

『X-MEN: ダーク・フェニックス』米国公開が2019年2月に延期 ― 『ニュー・ミュータンツ』はさらに6ヶ月の公開延期へ

X-MEN
Photo by JD Hancock https://www.flickr.com/photos/jdhancock/3500203823

米20世紀フォックス社は、映画『X-MEN』シリーズの最新作『X-MEN: ダーク・フェニックス(原題:X-Men: Dark Phoenix)』をはじめとした複数作品の米国公開を延期すると発表した。

Deadline誌ほか複数のメディアが伝えるところによると、『X-MEN: ダーク・フェニックス』は2018年11月2日の劇場公開を3ヶ月延期し、新たに2019年2月14日の米国公開を予定。本作について、公開延期の理由は明らかになっていない。
なお2019年2月14日には、フォックスは同じく『X-MEN』シリーズのスピンオフ映画『ニュー・ミュータンツ(原題:New Mutants)』を米国公開する計画だった。このスケジュール調整に伴って、必然的に『ニュー・ミュータンツ』も2019年8月2日へと約6ヶ月の米国公開延期となっている。なお同作は本来2018年4月13日に公開される予定だったため、結果として約16ヶ月の先送りを余儀なくされた形だ。

『X-MEN: ダーク・フェニックス』は、シリーズの脚本・製作を務めてきたサイモン・キンバーグによる初の監督作品。コミックファンの間で名高いストーリー「ダークフェニックス・サーガ」を原案に、ジーン・グレイ(ソフィー・ターナー)の内なる戦いを描く。ジェームズ・マカヴォイが「シリーズで一番エモーショナルで、一番哀しい」と述べるなど前評判が高いだけに、期待の高まっている一作だ。音楽は久々のヒーロー映画となるハンス・ジマーが手がける
かたや『ニュー・ミュータンツ』は、『きっと、星のせいじゃない。』(2014)のジョシュ・ブーン監督によるシリーズ初の青春ホラー映画。完成目前と目されていた2018年1月、10ヶ月の公開延期が発表され、登場人物を追加するなど大規模な再撮影・追加撮影が行われるとみられている。

『X-MEN: ダーク・フェニックス』および『ニュー・ミュータンツ』は、『デッドプール2』(6月1日公開)と並んで2018年を彩る「映画版X-MEN」となる予定だった。今回の延期によって2018年は『デッドプール2』のみになってしまったほか、2018年末~2019年半ばには、早ければディズニーによる20世紀フォックス買収が完了する予定だ。2作品の公開前にマーベル・キャラクターの権利がディズニーへと移る可能性もあるが、今後影響が生じないことを祈りたい。

なお20世紀フォックスは、ロックバンド「クイーン」の伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ(原題:Bohemian Rhapsody)』を、『X-MEN: ダーク・フェニックス』の公開予定日だった2018年11月2日に米国で封切る方針。ブライアン・シンガー監督の降板など製作トラブルに見舞われた一本だったが、2018年12月25日の公開予定日から約2ヶ月繰り上げてのお披露目となる。
また、作家ドン・ウィンズロウの同名犯罪小説を映画化する『ダ・フォース(原題:The Force)』も2019年3月1日の米国公開を延期することが発表された。新たな公開予定日は不明だが、『LOGAN/ローガン』(2017)を手がけたジェームズ・マンゴールド監督と脚本家スコット・フランクの再タッグとあって注目の作品だ。

Source: Deadline
Eyecatch Image: Photo by JD Hancock

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly