Menu
(0)

Search

『ゴジラ vs キングコング』新キャストに「ゲーム・オブ・スローンズ」「アイアン・フィスト」のジェシカ・ヘンウィック

Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/

米ワーナー・ブラザース製作、映画『ゴジラ vs キングコング(邦題未定、原題:Godzilla vs Kong)』に、新たな出演者が判明した。

Vatieryが報じたのは、「ゲーム・オブ・スローンズ」などの中国系女優ジェシカ・ヘンウィック。「ゲーム・オブ・スローンズ」ではシーズン5より登場するナイメリア・サンドを演じた。ほか、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)ではパイロットのジェシカ・パヴァ役で、Netflix「アイアン・フィスト」では主人公ダニーの相棒コリーン・ウィング役で活躍している。

『ゴジラ vs キングコング』はワーナーとレジェンダリー・ピクチャーズが『GODZILLA ゴジラ』(2014)より展開してきた、ハリウッド版『ゴジラ』シリーズと『キングコング:髑髏島の巨神』(2017)がクロスオーバーする作品。ハリウッドの大作映画として、ゴジラとキングコングの対決がスクリーンに蘇る。

同作にはこれまで、『ターザン:REBORN』(2016)やドラマ「ビッグ・リトル・ライズ」(2017-)のアレクサンダー・スカルスガルド、『デッドプール2』(2018)のジュリアン・デニソン、『スパイダーマン:スパイダーバース』(2019年公開)のブライアン・タイリー・ヘンリー、『ヘイトフル・エイト』(2015)や『死霊館のシスター』(2018)のデミアン・ビチル、『ベイビー・ドライバー』(2017)や『アリータ:バトル・エンジェル』(2019年2月22日公開)のエイザ・ゴンザレスと、『アイアンマン3』(2013)や『トランセンデンス』(2014)のレベッカ・ホールの出演予定が伝えられている。ほか、『ブラックパンサー』(2018)のダナイ・グリラが出演交渉に入っていた。『GODZILLA ゴジラ』の続編映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(2019年5月31日公開)より「ストレンジャー・シングス 未知の世界」ミリー・ボビー・ブラウンやカイル・チャンドラー、中国人女優チャン・ツィイーも続投するとみられている。

映画『ゴジラ vs キングコング(邦題未定、原題:Godzilla vs Kong)』は2020年5月22日に米国公開予定。監督は『サプライズ』(2011)や『ザ・ゲスト』(2014)、『デスノート/Death Note』(2017)のアダム・ウィンガードが務める。

Source:Variety

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly