Menu
(0)

Search

マーベル・シネマティック・ユニバース「フェイズ4」ラインナップ総まとめ ─ 2020~2021年に映画・ドラマ10作品、その後の計画も

2019年7月20日(米国時間)、ポップカルチャーの祭典「サンディエゴ・コミコン(Comic-Con International: San Diego 2019)」にて、マーベル・スタジオが2020~2021年の公開作品予定、すなわちマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)「フェイズ4」のラインナップを一挙発表した。その数、なんと10作品

『アベンジャーズ/エンドゲーム』『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』を経て、新たな局面に入っていくMCUを彩る作品の数々を、改めて発表順に振り返っていきたい。なお、各作品の詳細は個別の記事に譲ることをご容赦いただければ幸いである。

マーベル・シネマティック・ユニバース「フェイズ4」

本記事掲載のタイトルはすべて原題。劇場公開日・配信日はすべて米国のものとなる。

『ブラック・ウィドウ』2020年5月1日公開

MCU「フェーズ4」の幕開けを告げるのは、『アイアンマン2』(2010)からMCUを支えてきた、スカーレット・ヨハンソン演じるナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウの単独映画。かねてより企画の存在は噂されていたが、満を持してついに発表。ナターシャの過去や新たな一面を掘り下げる「国際スパイ・スリラー」になるとのこと。「ストレンジャー・シングス」(2016-)のデヴィッド・ハーバー、新鋭女優フローレンス・プーといった顔ぶれにも注目だ。

詳しくはこちら

「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」2020年秋配信

フェーズ4の特色は、マーベル・スタジオによるドラマ作品が随時発表されていくこと。その第1弾となるのが、ファルコン(アンソニー・マッキー)とウィンター・ソルジャー(セバスチャン・スタン)のタッグによる本作だ。『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)で絶妙な掛け合いを見せた二人は、本作でどんな戦いに臨むのか。『アベンジャーズ/エンドゲーム』でキャプテン・アメリカの盾を受け取ったファルコンの、“2代目キャップ成長記”となるのかも?

詳しくはこちら

『エターナルズ』2020年11月6日公開

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズに次いで、MCUの宇宙サイドを新たに切り開くのは古代から存在する宇宙種族「エターナルズ」。なにやら壮大な群像劇映画になるようで、『トゥームレイダー』シリーズのアンジェリーナ・ジョリー、「ゲーム・オブ・スローンズ」(2011-2019)のリチャード・マッデン、『メン・イン・ブラック:インターナショナル』(2019)のクメイル・ナンジアニ、さらに『新感染 ファイナル・エクスプレス』(2016)のマ・ドンソクというバラエティ豊かなキャスティングがポイントだ。MCU作品が多様性をいかに取り入れ、いかに扱うかを確かめるという上でも重要な一作。

詳しくはこちら

『シャン・チー&ザ・レジェンド・オブ・ザ・テン・リングス』2021年2月12日公開

やたらと長いタイトルの本作は、MCU初となる“アジア系ヒーロー映画”。カンフーの達人たる主人公と対決すると思しき「テン・リングス」とは『アイアンマン』(2008)に登場したテロ組織で、ついに本格登場となる。『ブラックパンサー』で黒人ヒーローを見事に描いたMCUは、ふたたび新たな境地を切り拓けるか。テン・リングスの首領マンダリンは国際派スターのトニー・レオンが演じる。

詳しく読みたい

「ワンダヴィジョン」2021年春配信

ドラマ作品の第2弾は、エリザベス・オルセン演じるワンダ/スカーレット・ウィッチと、ポール・ベタニー演じるヴィジョンを主人公とする全6話のシリーズ。エリザベス&ポールが揃って「サプライズがたくさん」「風変わり」と口にする作品の内容は謎に包まれている。『キャプテン・マーベル』(2019)の主人公、キャロルの親友マリアの娘であるモニカ・ランボーが再び登場。演じるのは『ビール・ストリートの恋人たち』(2019)のテヨナ・パリスだ。

あわせて読みたい

『ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス』2021年5月7日公開

ベネディクト・カンバーバッチ主演『ドクター・ストレンジ』(2016)待望の続編は、タイトル通り「マルチバース」の謎に迫ることになりそうな一作。新たにエリザベス・オルセン演じるスカーレット・ウィッチが参戦し、ストーリーは「ワンダヴィジョン」から直結する。監督に再登板するスコット・デリクソンいわく、「MCU初の怖い映画」になるとのこと。いったい何を見せてくれるというの?

詳しくはこちら

「ロキ」2021年春配信

みんな大好き、『マイティ・ソー』シリーズに登場した雷神ソーの弟ロキを主人公とするドラマ。もちろん主演はトム・ヒドルストンで、ロキが「人類史のあちこちに登場しては歴史上の出来事に思わぬ影響を与えていく」ストーリーになるとか。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』『アベンジャーズ/エンドゲーム』を経たロキの、新しい旅にも注目だ。

詳しくはこちら

「What If…?」2021年夏配信

MCU作品における重要な瞬間をフィーチャーし、実際には起こらなかった“もしもの展開”が描かれる、MCU初のアニメーション作品。マルチバースを監視するウォッチャー(声:ジェフリー・ライト)をナレーターに、おなじみのキャラクターのあらゆる可能性が描かれる。クリス・ヘムズワース、トム・ヒドルストン、セバスチャン・スタン、ジェレミー・レナー、ポール・ラッド、サミュエル・L・ジャクソンらおなじみの豪華キャストが声優として参加する。

詳しくはこちら

「ホークアイ」2021年秋配信

『アベンジャーズ/エンドゲーム』で久々の活躍を見せたクリント・バートン/ホークアイを主人公とするドラマで、ジェレミー・レナーが主演を務める。コミックではヤング・アベンジャーズの一員として知られるケイト・ビショップも登場し、『エンドゲーム』で見られた闇の側面・ローニンを掘り下げつつ、若き弟子へバトンを渡す様子が描かれるという。

詳しくはこちら

『マイティ・ソー/ラブ&サンダー』2021年11月5日公開

MCU作品史上初、ヒーロー単独映画の第4作となる『マイティ・ソー』最新作は、前作『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)を手がけたタイカ・ワイティティ監督とクリス・ヘムズワースが再タッグ。なんとシリーズのヒロインだったジェーン・フォスター役のナタリー・ポートマンが「女性版ソー」として復活し、ムジョルニアを手にすることになるとか…。ヴァルキリー役テッサ・トンプソンも続投。

詳しくはこちら

『ブレイド』再映画化、そして…

人間とヴァンパイアの混血として生まれた黒人ヴァンパイアハンターの戦いを描く『ブレイド』は、かつて1998~2004年にウェズリー・スナイプス主演の実写映画が3作品公開された。いまだ熱い支持を受けている同シリーズの続編を求める声も大きかったが、ついに満を持してのMCU参入。主演は『グリーンブック』(2018)のマハーシャラ・アリが務める。公開時期は未定。

詳しくはこちら

なお今回のステージでは、ジェームズ・ガン監督が復帰して再始動する『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(原題:Guardians of the Galaxy Vol.3)』のほか、『ブラックパンサー』(2018)『キャプテン・マーベル』(2019)続編の計画にも言及されたほか、MCU版『X-MEN』『ファンタスティック・フォー』の企画も進行していることが認められた。これらの作品は2022年以降のラインナップに組み込まれるものとみられる。

詳しくはこちら

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条として、海外の映画・ドラマを中心に執筆しています。日本国内の映画やアニメーションも大好きです。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly