Menu
(0)

Search

トム・クルーズ来日中止、正式発表 ─ 『ミッション:インポッシブル』日本ツアー全面取り止め、俳優組合ストライキの影響で

ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE
©2023 PARAMOUNT PICTURES.

ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』のプロモーションのため予定されていたトム・クルーズらの来日が中止となった。配給の東和ピクチャーズが正式に発表した。

2023年7月14日(現地時間)より全米映画俳優組合(SAG-AFTRA)がストライキに入ることを受け、組合に所属する俳優たちは作品の宣伝活動に一切参加できなくなったため。

以下、東和ピクチャーズからの発表全文。

米国映画俳優組合(SAG-AFTRA)が7月14日午前0時(太平洋夏時間)よりストライキを実施することを決定したことに伴い、組合員は撮影や宣伝活動を行うことができなくなりました。これに伴い、日本ツアーは中止となりました。

下記の通り、イベント内容が変更となります:

  • 7月17日(月)に予定していたレッドカーペット・イベント、ジャパンプレミア舞台挨拶付上映の舞台挨拶、7月18日(火)に予定していた記者会見は中止致します。
  • ジャパンプレミア試写、ジャパンプレミア全国IMAX一斉上映は予定通り行います。

ご迷惑をおかけいたしますことをお詫び申し上げます。

あわせて読みたい

予定されていたクリストファー・マッカリー監督の来日もキャンセルされた。THE RIVERでは、トムとは別のキャスト複数名の来日予定も本作宣伝担当より聞いていたが、これらもすべて中止される。

トムは本作にプロデューサとしても携わっているため、SNS上では「俳優としてではなくプロデューサーとしてであれば宣伝可能ではないか」との声も一部であったが、残念ながらキャンセルが伝えられた形だ。

トムらは、7月17日のジャパンプレミア、翌18日の記者会見に臨む予定となっていた。媒体にはすでに場所や時間の詳細が記された取材案内も届いていたが、直前になって中止の異例の事態となった(上述の通り、ジャパンプレミア試写、ジャパンプレミア全国IMAX一斉上映は来日キャストなしで行われる)。

同作のプレミアイベントは、これまでローマ、ロンドン、アブダビ、ソウル、シドニー、ニューヨークで行われており、日本がその最終地となるはずだった。

ストライキ期間中は作品の広報や宣伝に関するすべてが禁止される。トムら俳優から日本の観客に向けたビデオメッセージなども事実上実現しない。

なお、国内では8月2日にワーナー・ブラザース映画『バービー』でマーゴット・ロビーとアメリカ・フェレーラの来日も予定されている。ストライキが終結しない限り、こちらの来日も中止となる見込み。予定会期直前までストライキの様子見が続くと思われる。ワーナー・ブラザース映画より正式な情報が入り次第伝える。

Checkこの話題の流れをチェック
  1. 1. ハリウッド俳優組合のストライキが秒読み、来日イベントにも影響か
  2. 2. 俳優組合ストライキ突入決定 ─ トム・クルーズ来日、事実上不可能に
  3. 3. 俳優組合ストライキ中に禁止される業務一覧 ─ 撮影やリハ、宣伝活動も全面停止
  4. 4. 「ハウス・オブ・ザ・ドラゴン」が俳優組合ストライキ中も撮影継続できる理由
  5. 5. バイデン米大統領、俳優組合ストライキを支持 ─ 「公正な賃金と福利厚生を受けるに値する」
  6. 6. トム・クルーズ来日中止、正式発表 ─ 『ミッション:インポッシブル』日本ツアー全面取り止め、俳優組合ストライキの影響で
  7. 7. サイモン・ペッグ、来日中止で日本のファンに謝罪 ─ 『ミッション:インポッシブル』ジャパンツアー参加予定だった
  8. 8. 『デッドプール3』撮影中断、俳優組合ストライキのため ─ 『ヴェノム3』も
  9. 9. 『ミッション:インポッシブル』最新作、ストライキのため撮影再開を延期 ─ 『グラディエーター2』『モータルコンバット2』は撮影中断
  10. 10. クリストファー・ノーラン、ストライキ終了まで次回作に着手しない ─ 脚本家・俳優への支持を表明
  11. 11. 『エイリアン』『DUNE』ドラマ版、 米俳優ストライキ中も撮影決行
  12. 12. トム・クルーズ、映画館のためストライキ中の宣伝許可を求めていた ─ スト突入前、組合とスタジオの交渉で
  13. 13. 『ホーンテッドマンション』USプレミア、俳優ストライキのためミッキーマウスらが登場 ─ ディズニーヴィランズも
  14. 14. マーゴット・ロビー来日中止、正式発表 ─ 『バービー』グレタ・ガーウィグ監督はプロデューサーと共に来日へ
  15. 15. ドウェイン・ジョンソン、ストライキ中の俳優組合基金にこっそり莫大な金額を寄付していた ─ 「彼のおかげで何千もの俳優が救われる」
  16. 16. ディズニー、NetflixなどがAI関連の積極的求人を開始 ─ 脚本家・俳優ストライキも、技術導入の動き止まらず
  17. 17. 『スパイダーマン:ビヨンド・ザ・スパイダーバース』公開延期、新日程は不明 ─ ストライキで声優収録が行えず
  18. 18. 『クレイヴン・ザ・ハンター』米公開、2024年8月に大幅延期
  19. 19. 「ワンダヴィジョン」エキストラ俳優のデジタルレプリカが生成されていた
  20. 20. ドラマ「ペリフェラル」打ち切り終了 ─ ストライキで制作始められず
  21. 21. 『デューン 砂の惑星PART2』米公開延期、2024年3月に ─ ストライキの影響で
  22. 22. SNSでうっかりスト破り投稿のセレーナ・ゴメス、非難が相次ぎ15時間後に削除
  23. 23. マーベル新ドラマ「エコー」配信延期、11月から2024年1月へ
  24. 24. マーベル新ドラマ「アイアンハート」配信開始が無期限延期に ─ 他作品への影響も
  25. 25. マーベル新ドラマ「アガサ」配信が大幅延期、副題は「ダークホールド・ダイアリーズ」に変更
  26. 26. 『デッドプール3』予定通りの公開は「非現実的」 ─ 脚本家ストライキまもなく終結も
  27. 27. ハリウッドのストライキ終結後、制作再開される作品はどれ?「ストレンジャー・シングス」『ワイスピ』など、各スタジオ最優先タイトル計画

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。代表。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューを行なっています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly