Menu
(0)

Search

マーベル『アベンジャーズ/エンドゲーム』後の新展開、『スパイダーマン』続編公開後まで発表なし ─ 「お話しする時間はたっぷりある」

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』サノス
© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータイメージ

“その時”が近づいている。『アイアンマン』(2008)に始まったマーベル・シネマティック・ユニバースが、アベンジャーズ/エンドゲームでひとつの完結を迎えるのだ。マーベル・スタジオはその後の計画について、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019年公開)以外の作品を明かしていない。

あらゆる情報や噂が飛び交うなか、このたびマーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は「『エンドゲーム』や『ファー・フロム・ホーム』に続く作品は、『エンドゲーム』や『ファー・フロム・ホーム』の後まで発表しない予定です」と改めて明言している

「映画23本の物語に焦点を絞りたい」

これまでケヴィン社長は、『エンドゲーム』後のラインナップについて、2019年のサンディエゴ・コミコンまで正式に発表しないとの意向を示していた。いよいよ『エンドゲーム』が近づくなか、そうした方針は変わっていないというわけだ。

Cinema Blendでは、ラインナップを発表しない理由について「『キャプテン・マーベル』や『エンドゲーム』、『ファー・フロム・ホーム』、そして映画23本からなる物語がどうなるのかに焦点を絞りたいから」だと述べている。「そのあとのことについて、お話しする時間はたっぷりありますから」

Kevin Feige / ケヴィン・ファイギ
Photo by Gage Skidmore https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Kevin_Feige_(28556369381).jpg

マーベル映画の情報をつぶさに追ってきた方ならば、今後どのような作品が企画されているのかは、報道を通じてなんとなくご存知かもしれない。
たとえば、スカーレット・ヨハンソン演じるブラック・ウィドウの単独映画『ドクター・ストレンジ』(2016)や『ブラックパンサー』(2018)の続編、製作保留となっている『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(邦題未定、原題:Guardians of the Galaxy Vol.3)』、そして謎に包まれた『エターナルズ(仮題)』。さらに『アントマン』シリーズの第3作や、銀河を守るヒーロー、ノヴァの単独企画も検討されているという。ディズニーの新映像配信サービス「Disney+」では新機軸として、ロキスカーレット・ウィッチ&ヴィジョンバッキー&ファルコンを主人公とするドラマシリーズが3作企画されているのだ。

しかしながら、これらの企画は報道されてこそいるものの、いまだマーベル・スタジオが正式に発表したわけではない。どの作品がどのような順序で登場するのか、そしてすべての企画が本当に生きているのかは、スタジオによる発表をじっと待つほかないのである。

ではマーベル・スタジオは、次の発表でどれくらいの情報を公開することになるのか。ケヴィン社長は「今後5、6年間についてを告知することはないと思います」と述べつつ、「これからの5、6年をどう進めていきたいかという考えはある」と語った。

一年に二本以上の映画を作らなければいけないわけではありません。ただしこの数年間で見てきたように、そうすることが自然で、かつアイデアがあって、しかもチームに準備が整っているのなら、出し惜しみすることはないんです。

(今後については)あらゆる可能性がありますし、これから扱える新しいキャラクターやストーリーライン、キャラクターのグループもたくさん存在します。それはマーベル・コミックスが、多くのストーリーラインやキャラクター、すばらしい流れを作ってきたという証明でもありますね。」

ファンの心をくすぐりつつ、今後情報をじらし続けているマーベル・スタジオは、いったいどんな作品を、どんな企画を予定しているのか……。しかしケヴィン社長の言葉を乱暴に要約するなら、“今の物語がどのように幕を閉じるのか、まずはそちらに集中すべし”ということだろう。もうあと2ヶ月も経てば、“その時”はやってくるのである。

映画『キャプテン・マーベル』は2019年3月15日(金)、『アベンジャーズ/エンドゲーム』は2019年4月26日(金)全国ロードショー。『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は2019年公開予定。

『キャプテン・マーベル』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/captain-marvel.html
『アベンジャーズ/エンドゲーム』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-endgame.html
『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』公式サイト:http://www.spiderman-movie.jp/

『エンドゲーム』どうなっちゃうの…!

Sources: ComicBook.com, CB

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly