Menu
(0)

Search

「ウォーキング・デッド」原作コミック邦訳版より新刊が発売、ニーガンの過去を明かす前日譚も ─ 電子版も新登場

大人気海外ドラマウォーキング・デッド」より、原作コミック邦訳版の新刊とシリーズの電子書籍が発売されることがわかった。

「ウォーキング・デッド」シーズン9原案

ドラマ版シーズン9の原案となったコミック「ウォーキング・デッド8」と「ウォーキング・デッド9」は、シーズン9で登場する新キャラクターや今後登場する新たな敵「ウィスパラーズ」が描かれる。ドラマのプロデューサー、ロバート・カークマンが脚本を担当する原作コミックは、ドラマ版と死亡する人物など多少異なるものの、大筋のストーリーは同じ。アメリカでは屈指の人気を誇る原作シリーズを読めば、ドラマ『ウォーキング・デッド』を観るのがもっと面白くなる。各2,750円(税別)。

ニーガンの過去がコミックで明らかに

ドラマ版ではジェフリー・ディーン・モーガンが演じる恐ろしきニーガンのファン必読の一冊だ。世界が終わる前、ニーガンは何をしていたのか。愛用のバット「ルシール」の名前の由来とは。そして彼はどうやって救世主のリーダーになったのか。この一冊を読めば、より一層ニーガンの凄みを味わえる。1,200円(税別)。

原作デビューは電子書籍で

新たに登場する電子版では、アメリカ版に準拠してペーパーバック1冊ごとの収録。1冊あたり950円からとお買い求めやすい価格で登場だ。アマゾンほかにて25巻まで好評配信中。

いずれもヴィレッジブックスより発売。コミックとドラマで、「ウォーキング・デッド」の世界にどっぷり浸りたい。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly