Menu
(0)

Search

『バットマン vs スーパーマン』DC映画ユニバースの「これまで」と「これから」 ─ ユニバース激変、『ジョーカー』の位置づけから新バットマンの登場まで

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
© 2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. TM & © DC Comics

映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)は、ワーナー・ブラザース/DCコミックスによる、通称「DC映画ユニバース」の第2作だ。スーパーマンの単独映画である『マン・オブ・スティール』(2013)から始まったDC映画ユニバースは、マーゴット・ロビー演じるハーレイ・クインを世に送り出した『スーサイド・スクワッド』(2016)、大ヒットを記録した『ワンダーウーマン』(2017)へと連なっていく。

しかしながら現在のDC映画ユニバースは、『バットマン vs スーパーマン』が公開された当時の状況とは大きく変わってしまった。マーベル・シネマティック・ユニバースが「すべて繋がっている」と理解すればいいのに対して、こちらはやや事情が複雑だ。DCコミックス原作映画の最新作『ジョーカー』の位置づけや、今後の展開も含めて、ここで一度おさらいしておこう。


『ジャスティス・リーグ』

DC映画ユニバースに激動が訪れたのは、『バットマン vs スーパーマン』からストーリーが直結しているDC映画ユニバースの第5作『ジャスティス・リーグ』(2017)だった。『マン・オブ・スティール』から『ジャスティス・リーグ』まで、DC映画ユニバースのキーパーソンとして作品に関わっていたのは、『300 〈スリーハンドレッド〉』(2007)『ウォッチメン』(2009)でコミックの映画化を実現させたザック・スナイダー監督。当初のユニバースは、スナイダー監督のビジョンによって強力に牽引されていたのである。『マン・オブ・スティール』『バットマン vs スーパーマン』という2本の監督作は、特にその傾向が著しい。

そして、スーパーマンとバットマン、ワンダーウーマン、フラッシュ、アクアマン、サイボーグというDCヒーローが揃うクロスオーバー作品として登場したのが『ジャスティス・リーグ』だ。当初、スナイダー監督は本作を2部作で構想していたものの、スケジュールの都合により、2作目は無期延期となり、単独作品として製作がスタートした。ところが2017年5月、スナイダー監督は、愛娘の死去を受けて同作を途中降板。後任者に迎えられたのは『アベンジャーズ』(2012)『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)のジョス・ウェドンだったが、ここからの雲行きが怪しかった。脚本家としてクレジットされたウェドンは、スナイダー監督の意志を継いで作品を仕上げるとされたものの、実際には脚本の大部分を執筆し直し、出来上がった作品の尺はスナイダーの構想よりも大幅に短くなっていたのである。これはワーナー幹部の判断だったとされるが、結果的に膨大な再撮影で製作費は膨れ上がってしまい、残念ながら興行収入はスタジオの期待にも届かなかった。

ザック・スナイダー
ザック・スナイダー Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/28487603362/

一連の経緯を受けて、『ジャスティス・リーグ』の公開直後にあたる2017年12月、ワーナーはDC映画ユニバースの指揮陣営の全面的な再編を決定、スナイダー監督の新作を発表する予定はないことを明らかにした。『バットマン vs スーパーマン』後にユニバースに参加し、『ワンダーウーマン』『アクアマン』の製作で辣腕を振るったとされるコミック界の巨匠ジェフ・ジョンズは映画製作の前線を離れ、プロデューサーのジョン・バーグは更迭された。後任者には『死霊館』シリーズや『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(2017)などのウォルター・ハマダが就任し、DC映画ユニバースは全面的な再検討に入ったのである。

それにしても、この時期には奇妙な報道や話題が相次いでいた。『ジャスティス・リーグ』からスナイダー監督が離脱していたのは愛娘が逝去する前だったという報道が流れたほか、スナイダー自身は『ジャスティス・リーグ』の完成版を一度も観ていなかったのである。DCファンの間では、スナイダーが構想したままの『ジャスティス・リーグ』(通称「スナイダー・カット」)を公開するよう求める声が絶えないが、2019年10月現在、スナイダー・カットは発表されていない(アクアマン役のジェイソン・モモアによって実在することは認められている)。

ザック・スナイダーによる、幻の『ジャスティス・リーグ』3部作構想

ベン・アフレック卒業、ユニバースの新機軸

ワーナーによるDC映画ユニバース再編のカギとなったのは、2本の単独映画だった。『ジャスティス・リーグ』はスタジオの期待に届かなかったが、その直前作であった『ワンダーウーマン』は米国を中心に大ヒットを記録。続く『アクアマン』(2018)も正統派の海洋冒険映画としての支持を集め、こちらは中国などアジア圏も含む世界的スマッシュヒットとなった。

2019年初頭には、DC映画をめぐる2つのニュースが世界を駆け巡った。ひとつはDC映画の新戦略が、“ひとつの世界観のもとに作品を繋ぐ”というマーベル・シネマティック・ユニバースに近いコンセプトから、作品それぞれの独立性をより高めたものになるということ。事実、ユニバース再編と並行して製作された『アクアマン』は非常に独立性の強いストーリーとなっており、そのことも観客から好評を得ていた。そしてもうひとつのニュースは、『バットマン vs スーパーマン』『スーサイド・スクワッド』『ジャスティス・リーグ』に出演したバットマン役のアフレックがユニバースを去ったことだ。

テレビ番組で異例の卒業式

そもそもアフレックは、自身が脚本・監督・主演を務めるバットマンの単独映画『ザ・バットマン(原題:The Batman)』を手がける予定だった。ところが脚本が満足のいく出来にならなかったことで監督を降板、当時の脚本はお蔵入りに。その後、再びバットマンを演じるかどうかは曖昧な状態が続いていたが、2019年2月にアフレックはバットマン卒業をテレビ番組で明言している。ちなみに遡ること数ヶ月、2018年9月には、スーパーマン役のヘンリー・カヴィルもユニバースを去るとの報道が流れていた。こちらの真相はいまだ明らかになっておらず、カヴィル演じるスーパーマンがいずれ再登場するのか、それともアフレック同様の道のりをたどるのかは分からない。

改めて状況を整理しておこう。2019年現在、DC映画ユニバースは、『バットマン vs スーパーマン』当時の“作品同士を繋ぐ”というものではなく、“作品ごとの独立性を高める”というコンセプトで展開中。初期キーパーソンだったザック・スナイダー監督はユニバースの指揮に関わっておらず、指揮陣営も入れ替わり、バットマン役のベン・アフレックは卒業、スーパーマン役のヘンリー・カヴィルについても今後は不明だ。『バットマン vs スーパーマン』で描かれた内容が、今後のユニバースに反映されるかも定かでない(なお、スナイダーは作品のプロデューサーには名を連ねていることもある)。

ちなみに2019年10月現在、DC映画ユニバースの最新作は『シャザム!』。見た目は大人、中身はコドモのヒーローが活躍する、懐かしの“キッズ・アドベンチャー”テイストのコメディ作品として、物語そのものは完全に独立した形となっている(「物語そのものは」という濁した表現がポイントではある)。

シャザム!
『シャザム!』©2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

『ジョーカー』と今後のDC映画ユニバース

今後のDC映画ユニバースについて言及しておく前に、まずはDC映画としての最新作『ジョーカー』の位置づけを確かにしておこう。ややこしいところだが、“DC映画ユニバース”の最新作が『シャザム!』で、“DC映画としての最新作”が『ジョーカー』なのである。というのは、『ジョーカー』は『マン・オブ・スティール』から『シャザム!』まで展開されてきたDC映画ユニバースには属していないためだ。

『ジョーカー』で脚本・監督を務めたトッド・フィリップスは、完全に独立した物語を描くため、既存のユニバースに属するのではなく、独自の世界観でジョーカーの誕生譚を作り上げた。したがって、『スーサイド・スクワッド』ではジョーカー役をジャレッド・レトが演じていたが、『ジョーカー』に登場するホアキン・フェニックス演じるアーサー・フレック/ジョーカーはまた別人の設定。言わずもがな、『ダークナイト』(2008)でヒース・レジャーが演じていたジョーカーなど、過去の映画版とも一切無関係である。

ジョーカー
『ジョーカー』(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

では、今後のDC映画ユニバースはどうなっていくのか。結論から言えば、すでに多数の作品が待機中である。

その皮切りとなるのが、『スーサイド・スクワッド』でマーゴット・ロビーが演じたハーレイ・クインを主人公に、女性チームが活躍する『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey』(2020年3月20日公開)。同名コミックを原案に、ハーレイと女性チームがユアン・マクレガー演じるヴィランと激突する。公開された予告編では、『スーサイド・スクワッド』の世界観を踏襲するようなビジュアルとともに、気鋭の女性監督キャシー・ヤンによる“解放”というテーマ設定を見てとることができる。『ジョーカー』のリアル路線とエンターテインメント精神を融合させ、新たな境地に到達できるか。

あわせて読みたい

ハーレイに続くのが、大ヒットを記録した『ワンダーウーマン』の続編『ワンダーウーマン 1984(邦題未定、原題:Wonder Woman 1984)』(2020年6月5日米公開)。今度は1980年代を舞台とする物語で、前作から主演のガル・ガドット、スティーブ・トレバー役のクリス・パインが続投。悪役にはリブート版『ゴーストバスターズ』(2016)のクリステン・ウィグが起用された。もちろん、脚本・監督は前作を手がけたパティ・ジェンキンスが務める。

2021年には、ベン・アフレックからバトンを受け取った『トワイライト』シリーズのロバート・パティンソン主演による“新バットマン”単独映画の第1作『ザ・バットマン(原題:The Batman)』が登場だ。こちらは若き日のブルース・ウェインを主人公とする“探偵映画路線”で、早くも3部作構想。脚本・監督は『猿の惑星』シリーズのマット・リーヴスが務め、ゴードン刑事役でジェフリー・ライト、ヴィラン役でジョナ・ヒルが出演交渉中と報じられている。ただし本作がDC映画ユニバースに属するのか、『ジョーカー』と同じく独立した世界観となるのか、確かなところは分かっていない。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのジェームズ・ガン監督による、『ザ・スーサイド・スクワッド(原題:The Suicide Squad)』も2021年に控えている。マーゴット・ロビー演じるハーレイ・クインのほか、デヴィッド・エアー監督による前作から続投するキャストに、イドリス・エルバやジョン・シナ、タイカ・ワイティティ、マイケル・ルーカーといった新規キャストが大量参戦。発表された出演者24名は以下よりチェック!

ジェームズ・ガン版『スーサイド・スクワッド』

さらに、同じく2021年に公開予定と伝えられているのは、エズラ・ミラー演じるフラッシュの単独映画『ザ・フラッシュ(原題:The Flash)』。監督の降板劇が続き、なかなか企画が動き出さずにいた本作だが、『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』シリーズのアンディ・ムスキエティ監督が就任。2020年初頭から撮影準備が始まるとみられている。

翌2022年には、ジェイソン・モモア主演『アクアマン』の続編映画『アクアマン2(仮題)』。前作のジェームズ・ワンはプロデューサーとして復帰することが決まっているが、監督への就任は不明。なお『アクアマン』といえば、前作に登場したクリーチャー・トレンチを描くスピンオフ映画『ザ・トレンチ(原題:The Trench)』も始動済み。こちらは低予算の“モンスター・ホラー映画”になるとされており、劇場公開は『アクアマン2』よりも早い可能性もある。

なお公開時期は未定だが、『シャザム!』続編映画(タイトル未定)も企画が進められているほか、シャザムの宿敵ブラックアダムをドウェイン・ジョンソン主演で描く『ブラックアダム(原題:Black Adam)』にはリーアム・ニーソン主演映画でおなじみのジャウム・コレット=セラが監督交渉中。『ワンダーウーマン』シリーズは第3作も決定しているという。

ジャスティス・リーグ
『ジャスティス・リーグ』 © JUSTICE LEAGUE and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics. © 2017 Warner Bros. Entertainment Inc. and RatPac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved.

『ジャスティス・リーグ』後の再編以前、DC映画ユニバースには無数の企画が存在することが伝えられており、その中にはサイボーグやグリーンランタン、ナイトウィング、ハーレイ・クイン&ジョーカーのコンビ映画、さらにはジャレッド・レト演じるジョーカーの単独映画などもあった。しかしながら、そのうちどれだけの企画が現存しているかは定かでない。現在予定されているラインナップの実現とともに、いずれ新たな顔ぶれの登場にも期待しよう。

なお「DC映画ユニバース」という呼称はあくまで通称であり、ワーナー/DCは自ら展開しているユニバースの公式名称を発表していない。一時は「DCエクステンデッド・ユニバース(DCEU)」との名称が広く使用されていたが、こちらもあくまで非公式の名称。「DCフィルムユニバース(DCFU)」なる名称も公式のものではない。

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。ビリー・アイリッシュのライブに行きたい。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly