Menu
(0)

Search

【特集】アイアンマン、脅威との対峙 ― 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』トニー・スタークの変遷、人間としての実像

マーベル
※画像はイメージです。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は、2008年『アイアンマン』に始まったマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の集大成だ。10年以上にわたってその最前線を走ってきたのが、トニー・スターク/アイアンマンを演じるロバート・ダウニー・Jr.である。

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)でスティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカと対立したトニーは、本作でヒーローたちとの新しい出会いを経て、史上最凶のヴィラン、サノスとの対決に挑む。
ヒーローたちとの対立で受けた傷は、トニーにどんな変化を与えたのだろうか。また彼は、恐るべき脅威として地球に襲いかかるサノスをどう捉えており、そしてどのように立ち向かっていくのか。アイアンマンの周囲に新たに現れた、あるいは戻ってきたキャラクターとの関係性も気になるところだ。本記事では、一人の人間としてのトニー・スターク/アイアンマンの実像に迫っていきたい。

注意

この記事では、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の内容に言及しています。

天才実業家が予感してきた「脅威」

天才発明家にして億万長者の実業家、トニー・スタークは、もともとビジネスとして武器を開発し取引する男だった。傲慢で自分の能力を過信してきた彼は、ある時アフガニスタンで拘束されたことをきっかけに自分の生命や仕事に関する価値観をすべて改めるようになる。自身の開発したスーツで巨悪と戦った彼は、S.H.I.E.L.D.の忠告をよそに「私がアイアンマンだ」と宣言。それから彼は最新技術を駆使してヒーロー活動を展開、かつては自分の心臓を動かすために必要だったアーク・リアクターもついには必要なくなったのである。

キャプテン・アメリカやソー、ブラック・ウィドウら強力なヒーローたちを束ねる「アベンジャーズ」の筆頭者であるトニーは、これまで世界の脅威を予感しつづけてきた人物だった。特に顕著なのは、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)にて、ワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチに見せられた幻覚に映し出された“アベンジャーズ全滅”のイメージだろう。いずれヒーローにも太刀打ちできない脅威がやってくる……その予感は、人工知能J.A.R.V.I.S.にヴィジョンという肉体を与えることに繋がり、そして別の脅威であるウルトロンを生み出すことにもなってしまった。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を手がけたアンソニー・ルッソ監督は、トニーによる脅威の察知と、本作におけるサノスの襲来には浅からぬ関係があることを示唆している。

「サノスはトニーとの間に一番強い繋がりがあると思いますね。なぜならトニーは未来について考え、サノスのような脅威を予測していたわけですから。名前こそ付けられないものの、彼の頭には(脅威の存在が)あったんですよ
何者なのか、どこから来たかにかかわらず、すべてのヒーローが脅威に対峙しますが、トニーは最も懸命かつ徹底的にサノスのような存在に反抗します。これこそトニーの内面に本来備わっているものだと思うんです。アイアンマンとしてすべてを始めた時から、彼と脅威の間には特別な繋がりがあるんですよ。」

キャプテン・アメリカとの対立、『シビル・ウォー』以降

トニーは脅威への予感とは別に、自身のヒーロー活動に対して責任感と罪悪感を抱くようにもなっている。
『エイジ・オブ・ウルトロン』でソコヴィアの住民が多大なる被害を被ったこと、その他ヒーロー活動によって一般市民に影響が出ていることから、『シビル・ウォー』ではヒーローを国連の監視下に置くという「ソコヴィア協定」が提示されたが、トニーはこれに賛成する立場を取ったのだ。しかしキャプテン・アメリカとは協定をめぐって対立し、さらに両親がバッキー・バーンズ/ウィンター・ソルジャーに殺害されていたことで、二人の間には大きな亀裂が入ってしまう。

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』より (C)2016 Marvel

アンソニー監督は、「トニーは起こってしまったことに対する罪悪感を抱いているんです。それでも、彼に(キャプテン・アメリカやバッキーを)許す準備があるかどうかはわかりません」話している。その一方、ロバートは「(二人の)関係は変化を迎える」と述べた……。

前日譚コミック“Marvel’s Avengers: Infinity War Prelude”では、『シビル・ウォー』以降、トニーがアベンジャーズ本部で新たなスーツの研究に邁進する様子が描かれている。彼はスティーブから届いた携帯電話(編注:『シビル・ウォー』に登場)を見つめながらも、スティーブが応じてくれるだけでは不十分だと考えるのだ。「すべての終わりに備えるのなら、自分一人でもやれる方法を考えなくては」

 

新たな出会い、そして再会

アベンジャーズの仲間たちと対立した一方、トニーは『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で、魔術師ドクター・ストレンジと対面するのだ。ストレンジ役のベネディクト・カンバーバッチとロバートは、両者の関係性についてこう述べている

ベネディクト:(二人は)エゴイスティックな衝突をすることになります。[中略]それは悪いことじゃない。何もバラさずに言えば、この関係がどう展開していくのか、というのが面白いところなんですよ。

ロバート:(ストレンジは)なんでもできる力を持っていて、ありとあらゆる結果を経験できて、一番成功しやすい計画を見つけられる。トニーはスピリチュアルな解決策すら自分で操れると思ってるかもしれませんけど、そんな能力を持っている人間がいるとわかったら、ただ長いこと衝突してはいられないでしょうね

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
© Marvel Studios 2018

また今回も見逃せないのは、『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)以来となるピーター・パーカー/スパイダーマンとの組み合わせだ。アンソニー・ルッソ監督は、本作で「(二人の)ユニークな師弟関係がさらに発展していく」と明言。ただしロバートは、少しだけ気になるコメントも残している……。

自分の監督下でエンジンを全開にしてるヤツがいる時には、彼らを厳しい状況に導く責任もある。それが実り多い結果を生みますから。」

ちなみに本作には、グウィネス・パルトロウ扮するペッパー・ポッツも登場。しかしピーターとの師弟関係、そしてペッパーとの愛情は、トニーという人間に大きな変化を与えることにもなっているようだ。アンソニー監督いわく、今やトニーには自分の生活が「かつてないほど大切なもの」なのだという。しかし「アイアンマンとしての生活は、彼個人の生活を脅かすかもしれないわけです。」

トニー・スターク/アイアンマンを演じ続けてきたロバートは「今でもペッパーが物語の中心」だと言い切る。ペッパーが再登場することについては「すべてを賭けて戦う価値がある、そういうものを(物語に)加えたかった」というのだ。ロバートは、トニーという人物の“現在地”をこう説明する。

「僕自身と比べてみましょうか。もし僕が、次の10年でトニーを演じるつもりがないとしたら、その代わりに何をするかの計画なしにはいられないでしょう。トニーもボンヤリしているわけではなく(未来について)考えてますよ。」

ちなみにヒーローとしての見どころは、本作でアイアンマンが「ブリーディングエッジアーマー」なる新スーツで登場するところ。予告編ではガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの面々とも共演しているが、果たしてどんな機能を持つのだろうか? 予習にはこちらの解説コラムをご一読いただければ幸いである。

ロバート・ダウニー・Jr.

ロバート・ダウニー・Jr
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/14800476884

1965年生まれのロバート・ダウニー・Jr.は、1970年から父親であるロバート・ダウニー・Sr.の監督作品に出演。1983年に『ベイビー・イッツ・ユー』で本格デビューを果たし、メソッド演技を重用する演技巧者として『チャーリー』(1992)などで高い評価を受けた。しかし幼少期からの薬物問題、薬物依存によって一時は第一線を退いている。
そんなロバートにとって『アイアンマン』は完全復活の契機となった作品であり、同年には『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』で強烈なコメディ演技を見せて映画賞に多数ノミネートされた。その後ガイ・リッチー監督とタッグを組んだ『シャーロック・ホームズ』シリーズも高い支持を獲得するなど、現在の活躍はよく知られている通りだ。

マーベル・スタジオとロバートの出演契約は2019年『アベンジャーズ/エンドゲーム(邦題未定、原題:Avengers: Endgame)』をもって終了するとみられているが、すでに一度契約を更新した前例があるため、トニー・スターク役の今後についてはわからない。
2018年4月現在、ロバートは『ザ・ヴォヤージュ・オブ・ドクター・ドリトル(原題:The Voyage of Doctor Dolittle)』を製作中。また『シャーロック・ホームズ』シリーズの第3作を進めていることも明らかにするなど、今後の活動もとどまるところを知らない。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国の映画館で公開中。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』公式サイト:http://cpn.disney.co.jp/avengers-iw/

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly