Menu
(0)

Search

【ネタバレ】スター・ウォーズ『ローグ・ワン』壮絶舞台裏ドキュメント ─ 公開6ヶ月前の大量再撮影&再編集、その経緯と真相を紐解く

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

映画ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016)は――あえてこう言ってもいいだろう――『スター・ウォーズ』史上はじめての“リアルな戦争映画”である。監督を務めた『GODZILLA ゴジラ』(2014)のギャレス・エドワーズは、ディズニーに自身のアイデアを提案するため、第二次世界大戦やベトナム戦争の記録写真を加工し、軍事ヘリの代わりにXウィングを合成し、塹壕に潜む兵士に反乱軍のヘルメットを被せたという。手持ちカメラや主観ショットの採用といった工夫の数々は、現代の戦争映画の手法で『スター・ウォーズ』を撮るという試みにほかならなかった。

しかし、である。『ローグ・ワン』における最大の戦場とは、ソウ・ゲレラの居所ジェダでも、帝国軍の研究施設があるイードゥーでも、ましてや軍事施設があるスカリフでもなかった。実は、映画製作の舞台裏こそが『ローグ・ワン』最大の戦場だったのである。

一体どういうことなのか。まずは劇場公開の半年前、2016年5月末にさかのぼることにしよう。とあるひとつの報道が米国メディアを駆け巡っていた。そこには「ディズニー幹部が『スター・ウォーズ』次回作でパニック」「『ローグ・ワン』が危機的状況、高額を投じて夏に再撮影」との言葉が躍っていた。

この記事には、映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のネタバレが含まれています。必ずご鑑賞後にお読みください。

公開まで6ヶ月未満、再撮影の決定

第一報はシンプルなものだった。ギャレス監督による『ローグ・ワン』の編集第一弾にディズニーが納得しなかったため、7月に4週間におよぶ長期の再撮影が行われるというのである。再撮影が実施される時点で、2016年12月16日の劇場公開まではすでに6ヶ月を切っている計算だ。しかも撮り直しだけで約1ヶ月が費やされるとあっては、全体に残された時間はそれ以上に短くなってしまう。

さらに不安を煽ったのは、6月上旬ごろから流れ始めた再撮影の内容に関する報道だった。ハリウッドの大作映画で再撮影が行われることはさして珍しくないことだが、本作の場合、明らかに“普通”の域を脱していたのである。いわく「本編の約半分を撮り直すため、新たな監督が参加し、脚本も再執筆されている」、「新監督は『ボーン・アイデンティティー』シリーズのトニー・ギルロイ」。この2点については、おおよそ誤った情報でなかったことがのちに明らかになっている。

当時、ディズニーは『ローグ・ワン』のテイストがあまりにも『スター・ウォーズ』らしからぬものだったことから、“明るい冒険活劇”の要素を求めたとも、『エピソード4/新たなる希望』(1977)に直結するようトーンを調整するよう望んだとも伝えられた。これらの情報がどこまで正しかったかは、完成した映画を見てもいまひとつ不明瞭である。『ローグ・ワン』が従来の『スター・ウォーズ』と異なる仕上がりになったことは間違いなく、決して“明るい冒険活劇”というテイストではないからだ。この情報のうち、本編とぴったり一致するのは、『ローグ・ワン』が『新たなる希望』に直結しているということのみだろう。

いずれにせよ『ローグ・ワン』は、限られたスケジュールの中で再撮影に突入することとなった。報道通り、再撮影&再編集のキーパーソンとなったのはトニー・ギルロイ。ギャレス監督の意向を汲み、ディズニー/ルーカスフィルムの要望に応えながら作品を仕上げていく作業を担当して、少なくとも週20万ドル、合計500万ドル以上の報酬を受け取ったといわれている

スター・ウォーズ

なぜ再撮影は行われたのか?

そもそも、『ローグ・ワン』を大量の撮り直し作業へと導いたものはなんだったのか。この問いかけには、実は大きく分けてふたつの答えが存在する

そのひとつは、ズバリ「本作が戦争映画として作られていたこと」だった。まさに戦争映画を作り上げるようにして、ギャレス監督は撮影を進めていったことが関係者の口から明かされている。たとえばK-2SO役のアラン・テュディックは、実際に爆発が起こり人が吹っ飛ぶ、激しいアクションシーンの撮影をこのように振り返っているのだ。

「“これがみなさんの道です。ここから向こうに走ってください。道を変えず、進路を外れないように。絶対にここを通ってください”と言われて、みんなでビーチを走るんです。他の部隊と一緒に砂の上を走る。すると宇宙船が降りてきて、それをクレーンの上から撮ると、そこには射撃手がいる。宇宙人の射撃手がね。宇宙船の着陸が映ると、同時に煙が噴き出して、また別の方向から部隊がぞろぞろ出てくるんです。そして宇宙船が離陸し、頭上を飛んでいく。僕らが走っている間に、こういうことが起こるんです。」

こうした、あらゆる出来事が同時多発的に発生する複雑なシーンを撮る際でも、ギャレス監督はあえて撮影の内容を決め込まなかった。リアリズムを求めた監督は、「ハプニングに委ねることが新鮮さや斬新さにつながる」という確信のもと、「物事を“制御不能”に任せた」と語っている。「とても正しいとは思えないことをそのままにしておきました。うまくいけば、そこに宇宙船を合成すると、普通にやるよりもずっとリアルに見える。カオスを作ろうと試みたんです」。

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly