Menu
(0)

Search

「オビ=ワン・ケノービ」残り2話で「エモーショナルな展開とサプライズ」、脚本家が予告

オビ=ワン・ケノービ
(C)2022 Lucasfilm Ltd.

スター・ウォーズ』のドラマ「オビ=ワン・ケノービ」は、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(2005)の10年後を舞台に、砂漠の惑星タトゥイーンでルーク・スカイウォーカーの成長を見守るべく、隠居していた元ジェダイ・マスターが描かれる。

エピソード1~3でオビ=ワンを演じたユアン・マクレガーと、ダース・ベイダー/アナキン・スカイウォーカー役のヘイデン・クリステンセンがカムバックした本シリーズは残すところ2話となったが、どんな展開が期待できるのだろうか?

ヘッド・ライター・製作総指揮を務めるジョビー・ハロルドが米Entertainment Weeklyの取材に応じ、エンディングへ近づきつつあるエピソードについて口を開いている。

「作品を作る上で課題だった1つは、(物語が)どこから始まり、どこで終わるかを僕たちが把握していることでした。その旅における楽しみのひとつは、思いもよらない場所に連れて行ってくれたり、途中で驚かせてくれたりすることです。『エピソード4/新たなる希望』に向けて、皆さんが想像するような地点に到達して満足感を得られると良いのですが。

なので、この先にはエモーショナルな展開が待っています。さらにサプライズも。そして全てが完結したときに、全体をひとつの完成した物語として見ることができ、以前に下したいくつかの選択が意味をなすことを願っています。全話リリースされるのが待ち遠しいですね。」

ハロルドいわく、「残りの2話にエモーショナルな展開とサプライズが待っている」とのことだが、第4話までのファンの反応は賛否両論となっている。果たして第5&6話で、ファンが想像するような地点に到達して満足感を得られるエンディングとなるのか。

「オビ=ワン・ケノービ」はディズニープラスで独占配信中。

Source:Entertainment Weekly

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly