Menu
(0)

Search

『ヴェノム』全世界興行収入が5億ドルを突破 ― 日本・中国での公開控えて

ヴェノム
©&TM 2018 MARVEL

ソニー・ピクチャーズ製作、スパイダーマンの宿敵であり“マーベル史上最も残虐な悪”を描いた映画『ヴェノム』(2018年11月2日公開)の快進撃はまだまだ止まらない。ついに全世界興行収入が5億ドルを突破したのだ。

Box Office Mojoによると、2018年10月28日(米国時間)時点で『ヴェノム』の全世界興行収入は5億838万ドル(推定)。米国興収は1億8,728万ドル、海外興収は3億2,110万ドルという内訳である。2018年10月5日に米国などで公開された本作は、公開3週目で全世界興収4億6,000万ドルを突破する大ヒット。その後も着実に成績を伸ばし、5億ドルの大台へと至った。
これは近年のヒーロー映画では珍しい数字ではないが、本作がソニー製作の「スパイダーマン」シリーズの新機軸であること、また製作費がおよそ1億ドルであることを鑑みると非常に幸先の良いスタートといえそうだ。

『ヴェノム』の記録で注目すべきは、米国内での奮闘もさることながら海外での爆発的人気であろう。なかでもヒーロー映画への注目が高い韓国では、10月3日に劇場公開されるや5日間で1,640万ドルを稼ぎ出している。これは『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011)や『ジャスティス・リーグ』(2017)、『ワンダーウーマン』(2017)などをしのぐ成績だった。

また米The Wrapは、アジア圏でのヒーロー映画人気、とりわけ中国でのマーベル映画人気に注目している。中国で『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)が1億1,500万ドル、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)が3億5,950万ドルを稼ぎ出したことから、『ヴェノム』も同様の大ヒットを見込んでいるのだ。

先述の通り、ソニーは『ヴェノム』を皮切りにコミック「スパイダーマン」を原作とする映画の新展開を予定しており、第2弾にはジャレッド・レト主演の『モービウス(邦題未定、原題:Morbius)』を予定。そのほか、女性キャラクターのシルバー・セーブル&ブラック・キャットを描く予定だった『シルバー&ブラック(原題:Silver & Black)』が各キャラクターの単独映画として企画が再検討されているほか、シルクナイトウォッチクレイヴン・ザ・ハンタージャックポットを扱った作品群も企画されているという。

映画『ヴェノム』は2018年11月2日(金)より全国ロードショー

『ヴェノム』公式サイト:http://www.venom-movie.jp/

Sources: Box Office Mojo, The Wrap

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly