Menu
(0)

Search

「ロキ」シルヴィのアクション、『アトミック・ブロンド』からの影響あり ─「ストリートファイターのような」

マーベル ドラマ「ロキ」
(C)2021 Marvel

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)によるドラマ「ロキ」第3話では、ロキを翻弄する変異体の正体が判明する。変異体は素顔を明らかにしただけでなく、ロキとともにスペクタクルなアクションまで披露した。そのアクションスタイルには、『アトミック・ブロンド』(2017)からの影響があったのだという。

この記事には、「ロキ」第3話のネタバレが含まれています。

『アトミック・ブロンド』は、何者かに奪われた極秘書類を奪還する任務に挑む、MI6のエージェントであるロレーン・ブロートンの活躍を描いた映画。シャーリーズ・セロンによるほぼスタントなしのスタイリッシュ・スパイアクションが話題となった作品としても知られる。

そんな革新的な作品に影響を受けたと語るのは、ロキの変異体、シルヴィにふんするソフィア・ディ・マルティーノ。CNETのインタビューにてマルティーノは、「スタントの参考にするために鑑賞した映画のひとつです。アクションシーンがとにかく素晴らしい。シャリーズ・セロンがとにかく強くて、雄々しく戦っています」と説明している。

たしかにシルヴィは、ロレーン・ブロートンのようにとにかく強気で荒々しい戦い方をしていた。その狙いは、ロキのアクションスタイルとの差別化を図るためだという。「シルヴィは喧嘩屋みたいな戦い方を追求していました。ロキのようなエレガントなスタイルは求めていなかったのです。ロキはバレエのような動きをしますが、シルヴィはもっとストリートファイターのような動きをします」。

ロキの分身でありながらも戦い方は異なるというわけだが、その行動には細かな共通点もあるという。「並んで歩くときや戦闘場面では、お互いの行動を鏡のように、(トム・ヒドルストンと)合わせるようにしました」「第3話のエレベーターのまえでは、ふたりが同じような構えを取っているのが見られます」。今後のエピソードでも、シルヴィのスペクタクルなアクションや緻密に計算された所作に期待したいところだ。

ドラマ「ロキ」は毎週水曜日16時 ディズニープラスにて独占配信。

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly