Menu
(0)

Search

【ネタバレなし】『TENET テネット』解説 ─ 鑑賞前に知っておきたいポイント、キャラクター&キャスト紹介

TENET テネット
Tenet c 2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

クリストファー・ノーラン監督の最新作TENET テネットが2020年9月18日(金)に日本公開を迎えた。『ダークナイト』3部作や『ダンケルク』(2017)などを手がけてきたノーランは、『インセプション』(2010)『インターステラー』(2014)など、難易度の高いSF作品を世に放ってきたことでも知られる。もっとも『TENET テネット』は、“ノーラン史上最も難しい”ともいわれる一作だ。

THE RIVERでは公開を記念して、本作を観る前に、あらかじめ押さえておきたいポイントを網羅した「解読ガイド」をご用意。もちろん楽しみを削がぬよう、ネタバレは一切なしでお届けする。観る前の予習に、あるいは観た後の振り返りに、劇場用パンフレットとともにご活用いただければ幸いである。

予告編

あらすじ/ストーリー

満席の観客で賑わうウクライナのオペラハウスで、テロ事件が勃発した。罪もない人々の大量虐殺を阻止するべく、特殊部隊が館内に突入する。部隊に参加していた名もなき男(ジョン・デイビッド・ワシントン)は、仲間を救うため身代わりとなって捕らえられてしまう。

昏睡状態から目覚めた男は、フェイと名乗る男から“あるミッション”を命じられる。それは、未来からやってきた敵と戦い、世界を救うというものだった。未来では、〈時間の逆行〉と呼ばれる装置が開発され、人や物が文字通り、未来から過去へと進められるようになっていた。ミッションのキーワードは「TENET(テネット)」。このキーワードを使って、男は第三次世界大戦を防がねばならない。「その言葉の使い方次第で、未来が決まる」──。突如として巨大な任務に巻き込まれた男は、無事に任務を遂行することが出来るのか。

主なキャラクター/登場人物(出演者/キャスト)

名もなき男(ジョン・デイビッド・ワシントン)

TENET テネット
© 2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

抜群の身体能力と知力を兼ね備えるCIAエージェント。突如として第三次世界大戦を防ぐという任務を受け、〈時間の逆行〉を駆使して敵と戦わなければならなくなる。

演じるジョン・デイビッド・ワシントンは、名優デンゼル・ワシントンを父に、女優パウレッタ・ワシントンを母にもつサラブレッド。子役時代に『マルコムX』(1992)などに出演したのち、学生時代からアメリカンフットボール選手として活躍。プロのアスリートとしてのキャリアを築いたのち、2015年から俳優業に本格進出した。代表作はドウェイン・ジョンソン主演ドラマ「ballers / ボーラーズ」(2015-2019)や『ブラック・クランズマン』(2018)。コロナ禍のロックダウン中に撮影された、ゼンデイヤとの共演作『Malcolm & Marie(原題)』を控える(Netflixにて配信予定)。

ニール(ロバート・パティンソン

TENET テネット
© 2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

第三次世界大戦を止めるというミッションを受けた名もなき男の前に現れ、相棒として、ともに世界を飛び回ることになる人物。名もなき男と同じく、高い身体能力と知力を誇り、そのスキルによって名もなき男を導く。演じるロバート・パティンソンいわく「混沌を愛する男」。

『ハリー・ポッター』シリーズのセドリック・ディゴリー役、『トワイライト』シリーズのエドワード・カレン役で知られるロバートは、『トワイライト』の完結後、『奪還者』(2014)や『シークレット・オブ・モンスター』(2015)、『ロスト・シティZ 失われた黄金都市』(2016)などに出演。近年は『グッド・タイム』(2017)や『The Lighthouse(原題)』(2019)などで高く評価される。最新作には本作のほか、トム・ホランド主演のNetflix映画『悪魔はいつもそこに』(2020)。DCコミックス原作映画『ザ・バットマン』(2021)では新たなバットマン役に抜擢されるなど、ハリウッドで今もっとも注目される演技者の一人だ。

キャット(エリザベス・デビッキ

TENET テネット
© 2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly