Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ』監督、「2時間の映画」の終了を宣言 ─ マーベル映画以降、本当に有効なストーリーとは

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』サノス
© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータイメージ

アイアンマン、ハルク、キャプテン・アメリカ、ソー、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー、アントマン、ドクター・ストレンジ、ブラックパンサー、スパイダーマン、そしてアベンジャーズ。
これらはマーベル・コミックに登場するヒーローやチームの名前であり、そして、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)という、いまやハリウッドきっての巨大シリーズに内包されている映画シリーズのタイトルである。

それぞれのシリーズが独立し、同時に絡み合いながら展開するMCUの構造は、まぎれもなく「物語」なるものの形式に革命をもたらした。映画にも、テレビドラマにも、コミックにすらなかったストーリーテリングを最前線で牽引するのは、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)のアンソニー&ジョー・ルッソ監督だ。製作会社AGBOを設立し、今後も数々のプロジェクトに携わるルッソ監督は、ついに“2時間の映画という形式の終わり”を宣言する。


アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』© 2018 MARVEL

MCUが推し進めた「ストーリーテリングの更新」

米Business Insiderの主催するカンファレンス・イベント「IGNITION」に登壇したルッソ監督は、これまで親しまれてきた“2時間の長編映画”なるものに正面から疑問を呈した。ジョー監督はこう語る。

「100年間にわたり、2時間の映画は成功してきたわけです。ただし(今後も)成功させるのは非常に難しくなりつつあって……これからの世代が、2時間の映画をストーリーテリングの主流として捉えるかどうかはわかりません。」

ジョー監督は、問題は「サプライズの欠如」にあると指摘する。あらゆる物語があふれる現代、2時間の映画は「子どもたちでさえ、冒頭の5分を見れば結末を予想できることもある」というのだ。

アンソニー&ジョー・ルッソ
アンソニー&ジョー・ルッソ監督 Photo by Gage Skidmore https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Anthony_and_Joe_Russo_by_Gage_Skidmore.jpg

そんな中、Netflixをはじめとしたストリーミング・サービスは、自社製作のドラマシリーズを一挙に配信するという手立てを講じた。10時間以上を一気見する“ビンジ視聴(一気見)”というスタイルが選択されることから、これらの作品はドラマではなく“10時間の映画”とも形容される。以前、ジョー監督はこのようにも述べていた

「Netflixやマーベル、スター・ウォーズ。これらの目覚ましい革新は、観客がストーリーテリングの新たな形を熱望した結果です。[中略]次の10年、15年で、物語の語りかたは劇的に変化すると思います。」

今回のイベントで、ジョー監督はこんなジョークを語ったと伝えられている。「スタジオが長編映画にこだわるのは、お偉いさんたちが“みんな、ソネット(編注:詩の形式)が大好きでしょ。100年残るソネットを書こうよ”って言ってるようなものですよ」。

MCUが大ヒットを収めたのち、ハリウッドではユニバース企画の立案や、既存作品のユニバース化が相次いだ。もちろん、成功したものも、そうでないものもある。たとえばワーナー・ブラザース&DCコミックスは、『ジャスティス・リーグ』(2017)で予めヒーローたちを集合させるという方法を採用。同じくマーベル・コミック原作の『ヴェノム』(2018)や『スパイダーマン:スパイダーバース』(2019年3月8日公開)は、ソニー・ピクチャーズの指揮のもと、独自の方法でユニバースを構想している。

しかし、同じスタイルを採るにせよ、むしろ逆の方法を選ぶにせよ、すでにMCUがもたらした圧倒的な影響力から逃れることはできない。ジョー監督は「次の10年、15年で、物語の語りかたは劇的に変化する」と述べたが、すでにMCUはストーリーテリングの更新をすさまじい勢いで推し進めているのだ。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
© Marvel Studios 2018

ルッソ監督の「ストーリーテリング」と「サプライズ」

MCUがハリウッドのストーリーテリングを激変させるさなか、興味深いのは、“2時間の映画”という形式に疑問を投げかけたルッソ監督自身が“2時間の映画”から離れようとしていないことだ。次回作『アベンジャーズ/エンドゲーム』の後には、PTSDやドラッグなどを描いた実話強盗映画『Cherry(原題)』を手がけるほか、クリス・ヘムズワース主演『Dhaka(原題)』、チャドウィック・ボーズマン主演『17 Bridges(原題)』をプロデュースしている。

そのかたわらで、二人は多数のテレビドラマにも参加。同名グラフィック・ノベルを原作とする「DEADLY CLASS」、『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(2017)のアンディ・ムスキエティ監督とタッグを組む「The Electric State(原題)」、コミック「クァンタム&ウッディ」の映像化企画、米Amazon Studio製作による、“物語の限界を再定義する”超大作ドラマシリーズ

多忙を極めるルッソ監督が企画を選ぶ基準は、一体どこにあるのか。二人は、自身の設立した製作会社AGBOを「自分たちが面白がれるコンテンツを作るアーティスト集団」だと説明する。そして「僕たちが興味を持っているものを中心に据えた会社」だと。




たとえばマーベルの超大作映画であっても、二人は自らの社会的・政治的メッセージを作品に組み込むことを忘れなかったのだそうだ。「自己満足にならないように、我々を苦しめるものについての考えを取り入れようとしています」。さらにアンソニー監督は、2時間の映画が失いつつあるという「サプライズ」をキーワードとして取り上げた。

活発な議論をもたらす唯一の方法は、人々を驚かせること。いつでもしきたりにこだわっていては、人を驚かせることはできません。(サプライズは)観客がポップカルチャーについて話し合うためのテーマを生み出し、物語を優れたものにするんです。」

ここでルッソ監督が問題としているのは、映画の長さが2時間か10時間かでもなければ、ユニバース形式かそうでないかでもない。ストーリーにサプライズはあるのか、どういう形式ならばサプライズがありうるのか、ということだ。現在ルッソ監督が取り組んでいるプロジェクトには、そうした意味での突破口があるのだろう。

MCUはハリウッドのストーリーテリングを大きく更新した。ジョー監督の言うように、2時間の映画が今後どれだけ有効な形式として機能するのかはわからない。筆者も観客の一人として、どんな物語を今後求めるのか、そのイメージすら掴めないままだ。しかし最前線をひた走り、自らストーリーテリングを更新する一員となったルッソ監督は、すでにその先を見つめている。いわゆる形式や方法ではなく、“いかに面白がれるか”、“いかに驚かせるか”を考えているのである。

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』は2019年4月26日(金)公開。同作はMCUの到達点にして、クリエイターとしてのアンソニー&ジョー・ルッソ監督が放つひとつの到達点ともなるはずだ。

Source: Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。ビリー・アイリッシュのライブに行きたい。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly