Menu
(0)

Search

バッキー役セバスチャン・スタン、『アベンジャーズ/エンドゲーム』ラストのキャプテン・アメリカを語る ─ 「クリス・エヴァンスなくして、同じことはありえない」

セバスチャン・スタン
Photo by Nina Hellebakken Hagen https://www.flickr.com/photos/bflyw/47071656624/

「最後までとことん付き合うよ」。『キャプテン・アメリカ』シリーズで、主人公スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカにとって無二の存在だったのが、第2次世界大戦当時からの親友であるバッキー・バーンズ/ウィンター・ソルジャーだった。『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011)から描かれてきた2人の物語にも、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)でひとつの区切りが付けられている。

米テキサス州ヒューストンで開催されたイベント「Fandemic Tour」に登場したバッキー役のセバスチャン・スタンは、公開から約半年が過ぎた今、『エンドゲーム』ラストのスティーブ・ロジャースについて語った。

この記事には、映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』のネタバレが含まれています。

アンソニー・マッキー セバスチャン・スタン
ANTHONY MACKIE, SEBASTIAN STAN (The Walt Disney Company/Image Group LA)

『キャプテン・アメリカ』の10年間

『エンドゲーム』でサノスを倒したのち、キャプテン・アメリカは6つのインフィニティ・ストーンを過去の“あるべき場所”に戻すという最後のミッションに旅立つ。スティーブが過去に出かけている時間は、現代からするとほんの数秒間。しかしスティーブとバッキーは、やけに大げさな別れの言葉を交わすのだった。

「寂しくなるよ」「俺がいない間、バカなことしないようにな」「どうやってだよ、バカなところはお前が全部持ってくだろ」。過去に戻ったのち、スティーブが量子トンネルのマシン上に戻ってくることはなかった。次に彼が姿を見せた時、スティーブは湖畔のベンチに腰かけ、年老いた姿をしていたのだ。スティーブはキャプテン・アメリカとしてではなく、また別の人生を歩み、この場所に戻ってきたのだ。アンソニー&ジョー・ルッソ監督いわく、バッキーはスティーブの決断を事前に悟っていたという。だからこそ、あれほど2人の別れは大げさだったのだと。

『エンドゲーム』のラストを振り返って、セバスチャンは「すごくエモーショナルなシーンだった」と話している。

この映画がエモーショナルに思えるのは、どんな形であれ、誰もがこの10年間の一員だったことを実感するからだと思います。あの映画を観ると、自分の人生のことを思う。僕たちは年を取るし、みなさんと一緒にキャラクターも年を取っていく。あのシーンには、そういうものがすべて入っているんです。もはやただのシーンではなく、他のいろんなものが詰まっているんですよ。長い時間をかけて生まれたものだと思います。」

ともあれ、マーベル・シネマティック・ユニバースにおいて、スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカの物語にはひとつの幕が下ろされた。スティーブは別の時空で年を重ね、かつて氷漬けになっていた期間がなかったかのような姿で、キャプテン・アメリカとしての役目を自ら終えて現代に現れたのだ。しかしセバスチャンは、“物語が終わった”という見方にはやや懐疑的だ。

「MCUにおける“さよなら”が、本当にさよならなのかどうかは、誰にも決して分かりません。そのように思えたことがないんです。時間をかけて変わっていくようなもので、だけど変な感じですね。つまり、クリス・エヴァンスなくして、同じキャプテン・アメリカはありえないし、そんなことにはならないでしょう。そのことは間違いない。だけどキャプテン・アメリカが終わったわけではなくて、もはや同じ状況はありえないということです。」

実際のところ、キャプテン・アメリカの盾はサム・ウィルソン/ファルコンに託された。バッキーはサムの相棒として、再びキャプテン・アメリカを象徴するアイテムを手にする人物の隣に立つことになる。バッキー・バーンズという男は、これからも「まだまだ付き合う」ことになるのだろう。ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー(原題:The Falcon and The Winter Soldier)」について、セバスチャンはこのように予告している。

「アンソニー(・マッキー)と僕、それからサムとバッキーは、あの大物(クリス・エヴァンス=キャプテン・アメリカ)がいない毎日をどう過ごすのかを見出していかなければなりません。ベストを尽くすつもりですよ。」

「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」の撮影は2019年10月21日(米国時間)に開始されており、Disney+にて2020年秋に米国配信予定。

あわせて読みたい

Source: ComicBook.com

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly