Menu
(0)

Search

早くも!『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』1月24日デジタル配信、2月21日ブルーレイ&DVDリリースが決定 ─ 特典映像60分超

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。
IT (c) 2017 Warner Bros. Entertainment Inc. and RatPac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved.

R15指定のホラー映画ながらも全世界で記録的な大ヒット、2017年の話題をかっさらった『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』。ここ日本でもその勢いはとどまらず、国内で7週連続TOP10にランクイン、興行収入21億円突破の衝撃ヒットとなったこの話題作が、早くもデジタル配信、ブルーレイ&DVD発売・レンタルが開始されることがわかった。

デジタル配信は2018年1月24日(水)、ブルーレイ&DVDの発売・レンタルは2018年2月21日(水)よりスタートする。発売されるブルーレイには60分を超える特典映像が収録されるという。その内容をご紹介しよう。

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。
(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』ブルーレイ映像特典 収録内容

ペニーワイズは生きている!

踊る道化師ペニーワイズとして知られる古(いにしえ)の怪物にビル・スカルスガルドが変身するまでの過程に密着。

ルーザーズ・クラブ

『IT』の撮影期間中に仲間の絆を深めてゆく 10 代のスターたちの素顔に迫る。

ホラー小説の巨匠:スティーヴン・キング

ベストセラー小説のルーツ、子供時代の恐怖の特徴、そして自身が生み出した最も有名な怪物ペニーワイズの誕生秘話について、スティーヴン・キングが語る。

未公開シーン集

映画の未公開/拡大シーン11編を収録。

『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』発売情報

【初回仕様】 ブルーレイ&DVD セット(2 枚組/イラスト・カード付)

品番: 1000706312/¥3,990+税

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。
IT (c) 2017 Warner Bros. Entertainment Inc. and RatPac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved.

ブルーレイ&DVD セットのジャケットは、フラッシュ撮影をすると“それ”が浮かび上がる特別仕様となっおり、羽海野チカ描き下ろしイラスト・カードも同梱。

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。

【初回仕様】 <4K ULTRA HD&2D ブルーレイセット>(2 枚組/イラスト・カード付)

品番: 1000706311/¥5,990+税

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。
IT (c) 2017 Warner Bros. Entertainment Inc. and RatPac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved.

【数量限定生産】 スチールブック仕様 <4K ULTRA HD&2D ブルーレイセット>(2,000 セット限定/2 枚組)

品番: 1000708559/¥6,990+税

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。
IT (c) 2017 Warner Bros. Entertainment Inc. and RatPac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved.

1990年版も恐怖の復活!

さらに、1990年のTVシリーズ版『IT』も、鮮烈ビジュアルのスチールブック仕様で同時発売される模様だ。2,000セット限定、¥3,990+税にて、2月21日(水)同時発売予定。以下がスチールブックのデザインである。お部屋に飾ろう。

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。
IT (c) 2017 Warner Bros. Entertainment Inc. and RatPac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved.

『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』

“それ”は、ある日突然現れる。
一見、平和で静かな田舎町を突如、恐怖が覆い尽くす。相次ぐ児童失踪事件。 内気な少年ビルの弟も、ある大雨の日に外出し、通りにおびただしい血痕を残して 消息を絶った。悲しみに暮れ、自分を責めるビルの前に、突如”それ”は現れる。”それ”を目撃して以来、恐怖にとり憑かれるビル。しかし、得体の知れない恐怖を抱 えることになったのは、彼だけではなかった。不良少年たちに イジメの標的にされて いる子どもたちも”それ”に遭遇していた。
自分の部屋、地下室、バスルーム、学校、図書館、そして町の中……何かに恐怖を感じる度に”それ”は、どこへでも姿を現す。ビルとその秘密を共有することになった仲 間たちは“それ”に立ち向かうことを決意するのだが…。真相に迫るビルたちを、さらに大きな恐怖が飲み込もうとしていた―。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly