Menu
(0)

Search

映画『ジェイソン・ボーン』シリーズのスピンオフドラマ「トレッドストーン」が制作決定

ジェイソン・ボーン
(C)Universal Pictures

マット・デイモン主演『ボーン』シリーズのスピンオフドラマ「トレッドストーン(邦題未定、原題:Treadstone)」がUSA Networkでシリーズ化されることが決定した。米Deadlineなど複数のメディアが報じている。

『ボーン・アイデンティティー』(2002)に始まった『ボーン』シリーズは、記憶喪失の暗殺者ジェイソン・ボーンを巡る物語をリアリティ溢れる展開で描き、多くのファンを獲得した。現時点でスピンオフ映画を合わせて計5作品が制作されており、近年では『ジェイソン・ボーン』(2016)のヒットが記憶に新しい。全米興行収入はシリーズ累計で8億ドルを突破している。

ジェイソン・ボーン
『ジェイソン・ボーン』より。(C)Universal Pictures

この度発表されたスピンオフドラマでは、ボーンを生んだトレッドストーン計画に焦点が当てられる。トレッドストーン計画とは、洗脳により超人的な暗殺者(スリーパー)を作り出すCIAの工作員育成計画。第1シーズンでは、世界中に潜んでいるスリーパーが不可解にも”覚醒”され、決死のミッションに戻る姿が描かれるそうだ。

2018年4月にパイロット版の制作が予定されていた同ドラマ。この度、パイロット版の制作をスキップし、シリーズ制作へすぐに動き出すことが決定した。米Deadlineによると、この背景には制作のUniversal Cable Productionとアマゾンの海外配給契約が絡んでいるという。アマゾン・スタジオの代表ジェニファー・サルクが制作初期から本企画を見守ってきていたため、シリーズ化決定を後押ししたそうだ。また、『ボーン』シリーズの世界的な知名度と、「HEROES」(2006-2010)のティム・クリングが製作総指揮・脚本を担当することも大きな決め手になったと言われている。

Universal Cable Productionの代表クリス・マッカンバーは、「規模や挑戦面において、トレッドストーン神話を超えるものはないでしょう」と同ドラマに期待を寄せている。

クリングとともに製作総指揮を務めるのは『華氏451(邦題未定、原題:Fahrenheit 451)』(2018)のラミン・バーラニ、『ゲティ家の身代金』(2018)のブラッドリー・トーマス、ドラマ「Beyond(原題)」のジャスティン・レビーなど。

『ボーン』シリーズのスピンオフドラマ「トレッドストーン(邦題未定、原題:Treadstone)」は2019年に制作開始予定。

Sources: Deadline

Writer

Marika Hiraoka
Marika Hiraoka

THE RIVER編集部。アメリカのあちこちに住んでいました。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly