Menu
(0)

Search

ポール・バーホーベン監督最新作『ベネデッタ』2021年5月に仏公開 ─ 『ロボコップ』『スターシップ・トゥルーパーズ』の鬼才監督

https://twitter.com/saidbensaid66/status/1259122061613694977/

『ロボコップ』(1987)『スターシップ・トゥルーパーズ』(1997)『エル ELLE』(2016)の鬼才、ポール・バーホーベン監督による最新作『ベネデッタ(原題:Benedetta)』が2021年5月にフランスで公開されることがわかった。製作を務めるサイード・ベン・サイード氏が、自身のTwitterにて明かしている。

「ポール・バーホーベン監督による『ベネデッタ』は、2021年5月にフランスで公開されます。今朝また、この映画を熱心に観たのですが、“どうか選出されますように”と神様に祈りましたよ。」

The Playlistによると、本作は2020年のカンヌ国際映画祭にて初上映される予定だったという。ところが新型コロナウイルスの感染拡大によって、今年は延期どころか、従来通りの開催を断念せざるを得ない状況に置かれている。現時点で、本作の劇場公開が2021年のカンヌ国際映画祭に関連するものか、そうでないものかは不明。いずれにせよ続報に期待したい。

『ベネデッタ』は、歴史家ジュディス・C・ブラウンによる『ルネサンス修道女物語 聖と性のミクロストリア』を原作に、17世紀のイタリアに実在した修道女のベネデッタ・カルソーニが、ほかの修道女と淫らな関係へと発展していく姿を描く物語。ベネデッタ役を『おとなの恋の測り方』(2016)のヴィルジニー・エフィラが演じるほか、『さざなみ』(2015)『レッド・スパロー』(2018)のシャーロット・ランプリング、『マトリックス』シリーズのランベール・ウィルソンらが出演者として名を連ねている。

あわせて読みたい

Source:The Playlist

Writer

南 侑李
Minami南 侑李

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Tags

Ranking

Daily

Weekly

Monthly